• TOP
  • 芸能
  • 元猿岩石森脇 先輩芸人の「芸能界甘くない」に「有り難い」

芸能

2015.12.27 07:00  NEWSポストセブン

元猿岩石森脇 先輩芸人の「芸能界甘くない」に「有り難い」

会社員時代の経験を活かしたいと語る元猿岩石の森脇

 有吉弘行とともに猿岩石を結成し、1990年代の人気番組『進め!電波少年』(日本テレビ系)の企画、「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」の旅で大ブレイクした森脇和成(41才)。2004年に芸能界を引退していたが、今年、11年ぶりに芸能界に復帰した。戻ってきたきっかけや、復帰初仕事の失敗談、先輩芸人からの苦言について本人に聞いた。

――芸能界復帰のきっかけは何だったんですか?

森脇:理由はたくさんあります。結果から言うと、流れでそうなったんです。サラリーマンをやっていたときに勤めていた輸入卸会社の社長さんに「うちの会社にいてもしんどそうだし、向いてないんじゃない? もう1回やったら?」と勧められたのがひとつ。

 約2年前に離婚をして、身軽になったのもあります。元々サラリーマンになったのは、結婚して子供ができて、真面目にずっとできる、かたい仕事をしようと思ったことですから。

――芸能界に復帰して、喜んでくれた人もいたと思いますが。

森脇:誰だろう…喜んでいる人、身近ではいないと思います。親はサラリーマンだったほうが良かったと思うし…。

――土田晃之さんがラジオで「芸能界は甘くない」と苦言を呈していましたが、どう受け止めましたか?

森脇:その通りだと思います。一般社会も、芸能界も甘くないですからね。どこに行ったって甘くない。ぼくは土田さんのコメントは、厳しい先輩のアドバイスだと受け止めています。

――初めてそのコメントを知ったのはネットで?

森脇:ネットニュースで見ましたが、ありがたいことに、ぼくより先に気づいたかたから、こういうことを言われてたぞ、って教えてもらえるんです(苦笑)。でも、厳しいことを言ってもらえるのはありがたいですよね、シカトじゃないわけですから。ご意見番的なかたに反応してもらえただけでも、ぼくは嬉しかったです。

――復帰一発目のお仕事は、緊張したんじゃないですか。

関連記事

トピックス