• TOP
  • 芸能
  • 『あさが来た』で『八重の桜』主役の綾瀬はるか登場なるか

芸能

2016.01.06 07:00  週刊ポスト

『あさが来た』で『八重の桜』主役の綾瀬はるか登場なるか

『あさが来た』に『八重の桜』主役の綾瀬はるかが登場?

『あまちゃん』、『花子とアン』、『マッサン』といった近年の人気NHK朝ドラの最高視聴率を次々と更新し、いまや国民的ドラマになった『あさが来た』。実は2014年度上半期に放送された朝ドラ『花子とアン』のヒロイン・村岡花子(吉高由里子)が登場するのではと話題を呼んでいるが、ファンの期待(妄想)はそれだけでは終わらない。

 まさかのスピンオフが噂されるのが、2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で主役の新島八重を演じた綾瀬はるかの出演だ。『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版刊)の著書がある朝ドラウォッチャーの田幸和歌子氏が興奮気味に解説する。

「新島八重は(あさのモデルである)広岡浅子と同じ時代を生きた女傑であり、同志社大学を創設した新島襄の妻です。しかも、後半戦の重要人物として発表されている、『銀行の神様』と呼ばれた渋沢栄一(三宅裕司)は八重と浅子の共通のパトロンだったという史実が残っている」

 昨年放送分では、かつて大河『新選組!』で土方歳三役を演じた山本耕史が同じ土方役で登場しているだけに現実味がないとはいえない。

「八重と浅子、共通点の多い2人だけに、ドラマで“同志”として交わっても決して不思議ではありません。大河と朝ドラの“夢の共演”が実現すれば、『おしん』が持つ歴代最高視聴率52.6%超えも夢ではありません」(同前)

 実現すれば、まさにびっくりぽん。NHKさん、期待してます!

※週刊ポスト2016年1月15・22日号

関連記事

トピックス