芸能

本木雅弘 全身がんの姑・樹木希林と離れ、英国移住のわけ

英国移住中の本木一家と姑は長期休暇の際に対面

 東京から9600km、飛行時間12時間30分前後という場所にある、イギリス・ロンドン。本木雅弘(50才)がその街に一家で引っ越したのは2012年のこと。長男(18才)がアメリカに留学中の2010年に、妻・内田也哉子(40才)との間に次男(5才)が誕生した後、長女(16才)が留学することになって移住を決意した。

「娘さんの留学先は、一応は寄宿学校だったんですが、イギリスの学校は細々とした休みが多く、その間は学校を空けるという規則があるんです。里親をつけることもできたんですが、慣れるまでは自分たちでフォローしようということになって、イギリス行きを決めたそうです。ただ、当初は3か月のつもりだったんですが、本木さんの中で、これまでと少し違う風景を見たいという思いもあって、そのまま3年が過ぎたという状況なんですよ」(映画関係者)

 1995年に也哉子と結婚した本木は、也哉子の母、樹木希林(73才)のたっての希望で婿養子となっている。2001年には都内で、二世帯同居生活をスタート。本木と樹木は、自宅はそれぞれの空間を大切にしようと話し合って、1階が樹木と内田裕也(76才)の住まい、2階が本木一家の住まいとした。両家はエレベーターのみでつながっており、階段では行き来できない構造となっているという。

 樹木は夫の内田とは別居している時期も長い。彼女にとって、子供と孫に囲まれて暮らす生活はこの上ない幸せだった。その矢先、彼女を病魔が襲う。2003年に網膜剥離で左目を失明。翌2004年、61才のときに乳がんを宣告され、右乳房を全摘出した。

 この日をさかいに、樹木の暮らし方は変わった。「家族や人から譲られたものを使い回すだけで充分」と、この10年以上もの間、服は買ったことがない。「物の冥利を見極めて終わりたい」と、古くなった靴下ははさみで切ってぞうきんにするなどして、とことん使い切る。一方、不要な贈り物は、「使いませんから」ときっぱり断る。「死後に何も残したくない」との思いからだ。

神社にお参りに行っても願いごとをしない。その真意を、新聞のインタビューで「願いごとが叶ったら神様にお礼に行かなきゃ悪いじゃない。でも行けないかもしれないし」と明かした。そして、内田家を守る本木には「死ぬときは自宅で死にたい」と、“その時”を託している。

 しかし、冒頭の通り、現在本木一家の拠点は、遠く離れたロンドン。しかも移住を決めた2012年は、樹木のがんが、副腎や脊椎への転移が発覚した頃と重なる──。

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン