国際情報

中国ネットのNGワード 「吸金瓶」「習 女児」「夢雪」など

天安門事件はネットNGワード(写真:アフロ)

 中国のネット上では、中国共産党に批判的な言葉はNGワードとされ、書き込めばたちまち削除、検索することもできない。1989年6月の「天安門事件」に至っては、年や月日を表す「八九」や「六四」まで検閲・禁止対象となっている。中国出身の漫画家・孫向文氏が、最新の「NGワード」事情を報告する。

 * * *
 ネットでの言葉狩りは今年に入り、特に厳しくなっている。派生語の中でユニークなのは趙王回車である。「趙王」(これも削除対象)は習近平のことで、「回車」はパソコンのキーボードのリターンキー(エンターキー)のこと。

 習近平が使うパソコンのエンターキーに目印の赤いシールが貼ってあったことがニュース映像で流れたことから、本人は文字を打てず、エンターキーを押すだけなのではとネット民は疑った。「趙王回車」は習のパソコン音痴を揶揄する隠語として使われ、NGに。

「習大大」(シーダーダー)といえば、人民による親しみを込めた習近平の呼称だが、「大大」を一文字で書けば、「シービー」と読み、たちまち侮蔑の言葉となる。

 習近平の中国語読み「シージンピン」の言い換え・パロディとして洗禁評(習政権による言論弾圧を風刺した言葉)、吸金瓶(AIIB設立時、カネ集めへの批判として生まれた)などもあったが、いずれも禁止用語となった。

 また、「習近平 娘」を検索する習 女児(女児 習)や、習近平のかつての愛人とされる夢雪も今や削除対象である。

 一連の規制で注目すべきは、「習近平」に関する言葉がことごとくNGになったことだ。中国共産党の地方幹部や役人らの汚職をいくら批判しても構わないが、習氏やその親族に触れることは許されない。

 ちなみに、これらの削除対象ワードは一度NGとなっても、数か月あるいは数年間で解禁されることがあることを付言しておく。

●そん・こうぶん/中国浙江省杭州市出身の32歳。20代半ばで中国の漫画賞を受賞し、プロ漫画家に。2013年来日。現在、月刊漫画誌『本当にあった愉快な話』(竹書房刊)にて「日本に潜む!! 中国の危ない話」を連載中。著書に『中国のヤバい正体』、『中国のもっとヤバい正体』(いずれも大洋図書刊)などがある。

※SAPIO2016年6月号

関連キーワード

関連記事

トピックス

再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
真田広之が千葉真一さんとの和解を果たせなかった
【プロデュース作品『SHOGUN』が配信開始】真田広之、果たせなかった師匠・千葉真一さんとの和解
女性セブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン