• TOP
  • ライフ
  • 植松晃士氏が助言 本人も家族も一番喜ぶ推薦アイテムはパンプス

ライフ

2016.05.24 07:00  女性セブン

植松晃士氏が助言 本人も家族も一番喜ぶ推薦アイテムはパンプス

 世の中のオバさんたちに健康かつ美しく生きていくために、ファッションプロデューサーの植松晃士さんがアドバイス。今回は、“コーディネートの仕上げ”について語ります。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう!

 梅雨入り前の爽やかな季節、いかがお過ごしですか? 植松晃士のファッション講座、今回はいよいよ、「コーディネートの仕上げ」についてお話しいたします。

 前回、「この春夏買うべきアイテム」として、ストールを推薦いたしましたが、実は2番目のおすすめアイテムは、アクセサリーなんです。

 マダム世代は成熟世代と申しましょうか。すべての指がぱっつんぱっつんで、弾力を保っていた頃とは違い、残念ながら肌が少しずつしぼんでいく世代です。その傾向がもっとも顕著に表れてしまうのが、指と首。指と首だけは、どんなに優秀な美容皮膚科に通ったとしても、なかなか衰えを隠しきれないパーツなのだそう。

 ですから、私からのご提案としては、腕も首も指も耳も、もう飾れるところはとりあえずどこでも、基本はアクセサリーで飾って“盛る”のが正解だと思います。

 お若い頃だと「ちょっと下品じゃない?」と感じるようなボリュームアクセサリーでも、年齢とともに身につけた貫禄というか品格で、上品に使いこなせますので、遠慮することはありません。

 つけようか、つけまいか、迷ったら“つける”が正解です。特に春夏は薄着の季節。しかも装いはカジュアルに傾きがち。その分、アクセサリーでエレガント感を盛ってあげるくらいが、ちょうどいいのです。

 マダムの中には、指輪はマリッジリングを1本、と決めているかたもいらっしゃるようです。確かに上品な手元にはなりますが、多少のボリューム不足は否めません。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス