• TOP
  • ライフ
  • 70才父 娘がネットで知り合った男と婚約し「出会い系野郎が…」

ライフ

2016.06.10 16:00  女性セブン

70才父 娘がネットで知り合った男と婚約し「出会い系野郎が…」

 定年退職後の夫ほど、家族にとって面倒くさい人はいない──。残念ながら、そう思っている妻は多いという。千葉県の惣菜店パートの女性(64才)は、夫のこんなトホホエピソードを披露する。

 * * *
 まったくパソコンに触らない夫(70才)の天敵は出会い系サイト。そもそもは娘がネットで知り合った人と、交際を始めたことが気に入らないんだけどね。

「そんな男と会ったりしたら、いいか、殺されても文句言えないんだからな」と、娘にいきなり殴りかかったりして、どっちが危ないんだか。

 相手が高学歴で、夫の職場の親会社の社員とわかってからも、「そんなのダマされているに決まっている」と決めつけて、話にならないの。

 すったもんだの末、やっと先日、夫が折れて婚約にこぎつけたんだけど、それでも相手がいないと、「出会い系野郎が」って敵意丸出し。もう、わが夫ながら、みっともないったらありゃしない。
(千葉・64才・総菜店パート)

――さらに、都内で書道教室を開く62才の女性は、プライドが高い夫の馬鹿っぷりを明かす。

 * * *
 “小人閑居して不善をなす”というけど、退職した夫(65才)がまさにこれ。夫が町会の世話役をかって出て2年。この間、近所の奥さんが「オタクのご主人、大会社でご出世したから、われわれ、下々の者とは違うって言われているのよ」とイヤミたっぷり。

 よくよく聞いて、顔から火が出たわよ。町会で定期的に公園の掃除をしているんだけど、夫は男性相手だと命令口調だけど、女性には、「お尻が魅力的ですね」とかセクハラまがいのことを言うんだって。
 
 夫を問い詰めると、「そんなの冗談に決まっている。真に受けるほうがどうかしている」とプリプリ。しまいには「誰だ、お前につまらない密告をしたのはっ」と犯人探しよ。もしわが家に座敷牢があったら、即刻、夫を閉じ込めるわね。
(東京・62才・書道教室)

※女性セブン2016年6月23日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス