芸能

三田寛子 夫の「中村芝翫」襲名で梨園の地位はより盤石に

梨園の地位は盤石に(三田寛子)

 2009年に中村勘九郎(34)と結婚した前田愛(32)。“梨園の妻”どうしで前田を妹のように可愛がるのは、中村橋之助(50)の妻・三田寛子(50)だ。前田の義父である故・中村勘三郎と橋之助は義兄弟なので、前田と三田は親戚となる。梨園関係者は言う。

「結婚後は芸能活動を大幅に減らし、和洋中の料理教室に通って料理をマスターしたほか、茶道、華道、書道、絵画の習い事まで習得。ご贔屓筋の顔と名前もすぐに覚え、女将さんとしての能力も評価も高い。同じく芸能界から梨園入りした愛ちゃんのことを陰ながらサポートしています」

 いま三田は梨園妻としての転機を迎えている。夫・橋之助が10月に大名跡である「八代目中村芝翫(しかん)」を襲名する。これによって梨園における三田の地位はより盤石になるという。

「一門の大黒柱だった勘三郎はすでに他界。『市川團十郎』に次ぐ大名跡『中村歌右衛門』の襲名が決まっていた兄・中村福助は2013年に脳内出血で倒れて以来、いまだ病床で、復帰のメドは立っていない。つまり橋之助が『芝翫』を継ぐことで、三田さんは名門『成駒屋・中村屋』一門の妻の座のトップとなる」(同前)

 二代目市川猿之助の甥で、歌舞伎研究家の喜熨斗勝氏もこう評する。

「いま、梨園で評価がうなぎ登りなのは三田さんです。橋之助さんの芝翫襲名も三田さんの内助の功があってこそ。きっと本人に言ったら『そんなことないです。嫌だぁ~』とおっしゃると思いますけど(笑い)」

 最近、三田は出演した番組で「着物とかもお客さまよりもいい物を身につけちゃいけないって(中略)どういう時に何を着るかがわからないんですよ、TPOが。いまだに怖いですね、間違えそうで」と、「梨園の裏側」をぶっちゃけた。

「この行為は掟破りです。でも、爆弾発言をしても大きな問題にならないということは、三田さんの梨園での存在感が高まっている証拠です」(前出・梨園関係者)

※週刊ポスト2016年7月8日号

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン