まとめ

最新国内記事のRSS

弁護士局部切断事件まとめ by NEWSポストセブン

2016.07.05 16:00

 2015年8月13日、元プロボクサーで慶応大学法科大学院生だった小番一騎(こつがい・いっき)被告(当時・25才)が、妻の浮気相手の男性弁護士の性器を枝切りはさみで切断。逮捕・起訴された。事件はなぜ起こったのか。その背景と真相に迫る。(2016年6月25日更新)

 2015年8月13日、元プロボクサーで慶応大学法科大学院生だった小番一騎(こつがい・いっき)被告(当時・25才)が、妻の浮気相手の男性弁護士の性器を枝切りはさみで切断。逮捕・起訴された。事件はなぜ起こったのか。その背景と真相に迫る。(2016年6月25日更新)



◆犯行のきっかけとなったのは妻の「嘘」か


妻の嘘を信じた小番

︎「酒を飲まされ性行為を強要された」と言い逃れ

「男性弁護士との関係を疑われた妻は、“酒を飲まされ性行為を強要された”と虚偽の言い逃れをした、といわれています。そしてこれを信じた小番容疑者が怒りのあまり、残忍な犯行に至ったとみられているんです」(全国紙社会部記者)

2015.09.11

もっと読む

夫と警察に別々の告白。「真実」は?

 妻は被害者の男性との不倫関係を清算しようとし、小番被告に「セクハラを受けている」と“被害”を相談。小番被告は新宿警察署を訪れ、被害者の男性を強姦罪で刑事告訴することを相談した。だが、警察は動かなかった。それもそのはず、妻は警察官に「無理やり姦淫されたことはない」と「真実」を事前に明かしていたのだ。
 妻は友人にLINEで「“セクハラうけてて思い詰めて余裕がなかった”と喋ったら仲直りできた」とこっそりホンネを明かしている。

2015.12.07

もっと読む

◆悲惨な事件の現場


根元から切り落とした

持参した枝切り鋏で根元から性器を切断

 顔面を何度も殴り、意識が朦朧とした被害者のズボンをおもむろに脱がせると、彼の男性性器を持参した枝切りばさみ(全長20cm、刃渡り6cm)で根元から切り落とした。切り取った陰茎部分を握りしめて部屋を飛び出ると、ビル内の共用トイレに流してしまった。被害者は命に別状はないが、署員たちの懸命な下水道捜索もむなしく、流された男性性器はいまだ見つかっていない。

2015.08.20

もっと読む



◆局部を切断した目的は?

下腹部切断は社会的抹殺狙う「理性的復讐劇」

「局部の切断なら、殺人罪ではなく傷害罪で済む。それでいて、狭い法曹の世界では、“局部を切断された弁護士”という強烈なイメージが一気に広まる。相手へのダメージもはかりしれないうえ、社会的に抹殺できるわけです。理性的な復讐劇なのだと思います」(ノンフィクションライターの杉浦由美子さん)

2015.08.21

もっと読む



◆局部切断の激痛はどれくらい?


比べられないほど激痛

指とは比較できぬ激痛

「陰茎は非常に神経が細やかなところなので、指の切断とは比べものにならない激痛が走ったことでしょう。切断された瞬間、あまりの痛みで朦朧としていた意識もはっきりしたと思います」(元東京都監察医務院院長で法医学者の上野正彦氏)

2015.08.23

もっと読む

吹き出す大出血 ショック死の可能性も

「陰茎には4本の動脈が通っているので、切断時には勃起状態でなくても大量の出血を伴う。体内の全血液量の3分の1が失われれば、一気に血圧が下がって出血性ショック死に至ることもあり得ます」(よこやま腎泌尿器科クリニック・横山光彦院長)

2015.08.23

もっと読む



◆妻の奇妙な言動は「失感情症」ゆえ?

被告の妻は「アレキシサイミア」か

「この妻は決定的に想像力が欠如している。自分の言動で相手がどう反応するのか、どう行動するのか想像できず、他人の痛みに共感することができない。局部切断にしても“切った”と思うだけで、どれだけ痛くて怖い思いをしているのかがわからないんです。何をしても、何を見ても現実感がない『離人症』の可能性が高いと考えられ、おそらく『アレキシサイミア(失感情症)』に陥っているのでしょう」(精神科医の片田珠美さん)

2016.05.13

もっと読む

「アレキシサイミア」とは楽しい時にワーッと喜べなかったり、怒りたいときに怒れなかったり。想像力が乏しく、自分の感情に気づくことも、表現することも難しい状態を指す。



事件については他人事のような発言

「まさか切るのではと頭をよぎった。私からは被告人の手元は背中で隠れていたので見えなかったが、さすがにそれはまずい、止めないと、と思っていたところ『シャキン』と音がしたので『あー、やっぱり切っちゃった』と思った」(小番被告の妻の供述)

2016.05.15

もっと読む

被告の妻は「愛情変わりないが名字変えたい」

 妻の調書は、自らの今後の生活についての供述で結ばれていた。
「一騎への愛情は事件後も変わりないが、せめて名字だけでも変えたい。人生リセットしないと」

2016.03.26

もっと読む

◆小番被告に下される罰は?



 2016年7月5日、小番被告の判決公判が東京地裁で開かれ、懲役4年6か月の実刑判決が言い渡された。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP