芸能

二宮和也 フリーアナ・伊藤綾子と「厳戒態勢」交際

嵐・二宮和也のマンションへ向かう伊藤綾子アナ

 ふたりの逢瀬は、いつもマンションの部屋の中だ。東京都心にそびえる超高級タワーマンション。多数の監視カメラ、オートロックはもちろん、警備員やコンシェルジュが24時間常駐で、セキュリティーは万全。住民のプライバシーは守られ、多くの芸能人が住んでいる。その最上階近くの一室に、嵐・二宮和也(33才)が暮らしている。

 部屋の広さはゆうに100平方メートルを超える。彼にとってリラックスできる空間は何事にも代えがたい。二宮は、オフの時間があってもほとんど外出はしない“引きこもり”。家にこもってテレビゲームをしたり、マンガを読んだり、ギターで曲を作ったり。過去にテレビ番組で、「外食は年に2回だけ」と明かしたこともあった。

 そんな生活を送る二宮のそばに、最近、1人の女性の姿がある。彼女は、夕方のニュース番組『news every.』(日本テレビ系)で、「カルチャー&スポーツ」などを担当する伊藤綾子アナ(35才)だ。

 6月のある週末のこと。二宮は朝早くにマンションに迎えにきた事務所の車で東京ドームに向かった。11時に開演する大型イベント『嵐のワクワク学校』に出演するためだ。

 その日の夕方、マンションの裏口から出てきたのは、ブルーのTシャツ、ジーパン、白スニーカーというラフな格好の伊藤アナだった。小さな斜めかけバッグを肩からかけている。ときおり左右を見渡したり、後ろを振り返ったりと周囲を気にしながら、近所にある高級スーパーへ。店内では手慣れた様子で食材を選ぶと、マンションに帰っていった。

 ドームでのイベントを終えた二宮が、伊藤アナの待つ部屋へと帰ってきたのは、深夜を回った頃だった。

「多忙のうえ、なかなかふたりで外でディナーというのも難しい。だから、彼女が料理の腕をふるっているそうです。特にこだわっているのは朝ごはん。朝の方が一緒に食べられることが多いみたいですね」(事情を知る関係者)

 仕事帰りに彼のマンションへ向かい、近所で買い物を済ませると部屋に戻る。そんな伊藤アナの姿が連日、目撃されている。

 ふたりの出会いは、2012年8月。その年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)の総合司会を務める二宮が、番組の宣伝のために『news every.』に出演したときだ。

 伊藤アナの右隣に座る二宮。伊藤アナから「スペシャルゲスト」と紹介された二宮は、「よろしくお願いしま~す!」と大声で答え、伊藤アナから「挨拶が元気ですね」と突っ込まれると、ふたりは笑顔で視線を合わせた。

「急接近したのは、2014年5月に『VS嵐』(フジテレビ系)に伊藤さんが皆藤愛子アナ(32才)らとともに『美人キャスターチーム』のメンバーとしてゲストで出演した後からです。その頃に連絡先を交換し合い、頻繁に連絡を取り合うようになったそうです」(前出・関係者)

 それから“厳戒態勢”の交際が始まった。人目を忍んでお互いのマンションを行き来し、決して外では会わない。昨年夏頃には、主に二宮の部屋でデートを重ねるように。彼女が食事を作ったり、部屋の掃除をしたり、多忙な彼をサポートしているという。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン