• TOP
  • 国内
  • ご近所トラブルで殺人 最悪の結末に住民が密かに本音明かす

国内

2016.07.09 16:00  女性セブン

ご近所トラブルで殺人 最悪の結末に住民が密かに本音明かす

 昨年11月、千葉県館山市で高齢者同士のご近所トラブルが最悪の結末を迎えた。加害者の浅田一郎(仮名、76才)と被害者の佐々木昌さん(仮名、73才)は約40年来の隣人同士。関係が悪化したきっかけは、20年ほど前に佐々木さんが浅田に「生活排水が自宅に流れ込んできている」とクレームをつけ始めたことだった。

 以前から佐々木さんは、先端に鎌がついた長い棒を手に持ち、「迷惑料を払え」「土地を売ってでも金を払え。払えないならおれの面倒を見ろ」などと、浅田夫婦に迫ることも少なくなかった。

 事件の日も佐々木さんは浅田の自宅を訪れ、浅田の妻に生活排水のクレームを言い続けていた。帰宅した浅田が「いい加減にしろ」「おとなしくしてればつけあがりやがって」と言い返すと、佐々木さんは「おれの言うことが聞けねえのか」と両手で襟首をつかんで「200万か300万円持ってこい」と要求。

 脳裏をよぎったのは20年にも及んだトラブルを終わりにしたいという一心だったのかもしれない。この日、浅田は初めて佐々木さんに手をあげた。その後、佐々木さんを引きずって敷地内にある池に落とし、頭を手足で押さえつけて溺死させた。浅田は3日後、千葉県警館山署に殺人容疑で逮捕された。

 事件現場は市の中心部から車で約15分の場所にある人口150人ほどの集落。ウグイスが鳴き、木々が生い茂り水田が広がり、海が近いので魚がおいしいことでも有名だ。一方で幹線道路には大型スーパーやドラッグストア、レストラン、コンビニが立ち並び、生活も便利。年間平均気温16℃前後で、めったに雪が降らないことなどから、リタイア組の移住先としても人気がある。

 事件から8か月。近隣の住人たちに話を聞くと、それぞれ複雑な思いを吐露した。

「加害者の一郎さんは本当に面倒見がいいし、優しくてね。だからって殺していいかというとダメだけど、佐々木さんは厄介者で有名で、私たちは毎日すごく気を使っていたんです。これでやっと安心して生活できる…大きな声では言えないんですけど、これが本音です」(男性住民)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス