スポーツ

イチロー 知られざる「素顔」まとめ by NEWSポストセブン

イチローの「素顔」に迫る(画像出典:MLB公式HP)

 2016年8月8日(現地時間8月7日)、メジャーリーグ(MLB)マイアミ・マーリンズ所属のイチロー選手(42)が、メジャー史上30人目の3000安打を達成した。6月16日には日米通算で4257安打を打ち、ピート・ローズの持つMLB通算最多安打記録を更新したイチロー。その知られざる「素顔」に迫った。(2016年8月9日更新)

プレーに関する流儀

毎日、寸分たがわぬルーティン

 毎日、寸分たがわぬルーティンを行うのがイチ流。試合が本拠地で開催される日は、起床後、自宅に揃えたトレーニングマシンで汗を流してから球場入り。練習用のウエアに着替えて、ウオーミングアップ。試合では、打席に入る前、バッティングまでの一連の動作はおなじみだ。「試合後にはロッカールームでスパイクとグラブを磨きます。帰宅後は、食事までの時間を使ってマシントレーニング。食後もまたトレーニングをして、その後、2時間かけて全身をマッサージ。すべては試合で力を発揮するためです」(スポーツライター・友成那智さん)

本拠地でナイターの日は午後2時に球場入り(マーリンズHPより)

ホームランを打ってもガッツポーズはしない

 試合中、イチローの表情が変わることはほとんどない。それは最多安打記録を更新したときも同じ。「ホームランを打ってもガッツポーズはしません。相手投手に敬意を払っているからでしょう」(友成さん)

3000本安打達成の時はヘルメットを取って声援に応えた(MLB公式HPより)

不振時は球場入りルートを変えゲン担ぎ

 ゲン担ぎをするスポーツ選手が多いが、ルーティーンを厳守するイチローは、ほとんど行わない。するのは、バッティングが不振のとき、球場まで向かう車のルートをわずかに変えたり、車内でのBGMを変えたりする程度だ。

現在はフロリダ州マイアミに自宅をかまえている

「スランプ大歓迎」驚異のメンタル力

「彼がここまでヒットを量産できたのは“スランプの時こそ絶好調”という考え方をしているからです。もし5打数5安打では、そこから得るものはない。でも、5打数ノーヒットなら、どうしたら打てるかを考え抜くので、頭が冴えわたるというわけです。スランプこそ成長のきっかけと考え、その原因を突き止めて脱出を図る。それを繰り返してきた結果が、この大記録だと思います」(メンタルカウンセラー・児玉光雄さん)

大記録を達成できたのは、身体能力だけでなく心も強いからだという

メディアに関する流儀

取材での日本語は自分の発言を正確に伝えるため

 イチローは地元メディアの取材に対しても常に日本語を話す。大リーグにわたって16年目、英語はかなり上達していそうなものだが。「日本語で通しているのは、“自分の発言を正確に伝えたいから”です。実際には英語は堪能。チームメートとの会話ではスラングを使ってジョークを飛ばすほどです」(スポーツライター・友成那智さん)

スペイン語で同僚とコミュニケーションをとることも(イチロー公式アプリ『IchiroTimes』HPより)

記者にもプロの仕事を求める

 記者を育てるのも選手の仕事。そう考えるイチローは、レベルの低い質問には「質問の意味がわかりません」とぴしゃりとはねつけるため、記者泣かせともいわれる。「メジャーに移籍してからは、ロッカールームには質問がある記者だけが行くようになりました。ベテランの通信社の記者が“代表取材”をしていた時期もあります。取材のプロだけを相手にしたいという、野球のプロであるイチローらしい考えといえます」(メジャー担当記者)

「記者嫌い」と言われたこともあったが、そうではない

プレーに影響を与えるので野球のニュースは一切見ない

 いい当たりを放ちながらヒットにならなかったことに「第三者の厳しい目で見てもらったらいい」と、舛添要一前都知事の言葉を踏まえてコメントしたこともあるイチロー。日本のニュースに関心が高い。「最近はロッカールームで、iPadで日本のニュースをチェックしています。経済ニュースにも関心を持っている。ただし、プレーに影響を与えるため自分に関するものを含め、野球のニュースは一切、見ないそうです」(在米ジャーナリスト)

日本の政治についても注目し、チェックしているという

食事へのこだわり

毎朝、食パンとそうめんを食べる

同じ食事をとることも大事なルーティン

試合前のユンケルは欠かさない

 朝カレーはやめても、続けているのが試合前のユンケル。「ユンケルを販売する佐藤製薬のCMに出続けているのは有名ですが、義理堅く続けているのもイチローらしいと言えます」(スポーツライター・友成那智さん)

2001年からCMに出演している(ユンケルHPより)

ビール好きで、シーズン中も“解禁”

 イチローはメジャーに移籍してから数年間、お酒はシーズンオフにしか飲まない生活を送ってきた。しかし最近は、晩酌を解禁。主にビールを飲み、ワインも好むという。

過去にはビールのCMに出演した

使う物へのこだわり

ジュラルミンのバットケースには乾燥剤

 昨年マーリンズに移籍したイチローが周囲を驚かせたのは、ジュラルミン製のバットケース。「“湿気を吸うとバットの重さが変わってしまうから”と、乾燥剤を入れて使っています。そのこだわりに、記者はもちろん同僚選手も驚いています」(スポーツライター・友成那智さん)

他人の道具には一切触れないという

マーリンズ移籍を機にスパイクを変更

 イチローはオリックス時代からアシックスのスパイクを愛用してきた。しかしマーリンズ移籍を機に、「ビモロ」という無名メーカーに履き替えたのだ。「『ビモロ』は『初動負荷トレーニング』という理論を唱えるスポーツトレーナー・小山裕史氏が作ったシューズブランド。小山氏はイチローのトレーニングを長年バックアップしてきた人物で、彼のスパイクにイチローはすっかり惚れ込んでしまった。踵から爪先への体重移動をスムーズにする工夫が施されていて、一般的なスパイクの歯は6本から9本ですが、『ビモロ』は13本もあるのが特徴です」(スポーツ紙メジャー番記者)

イチローの影響で、マーリンズの若手選手がこぞってオーダーしているという(ビモロショップHPより)

遠征先には“マイ枕”、足裏マッサージ器持参

 体のコンディションに人一倍気を使うイチローは、遠征先には“マイ枕”を持参する。「いつもと違う枕で寝て、首に負担をかけたくないからです。足裏マッサージ器も常に持ち込んでいます」(在米ジャーナリスト)

メジャーはチームの距離が離れているため、ホテルの宿泊が多い

イチローの私生活

愛車は5000万円超のポルシェ

 野球が趣味というイチローにあって、唯一の趣味といえるのが車の運転。「日産のスカイラインなど複数の車を持っていますが、球場への行き帰りに使っているのはポルシェ。5000万円以上する車種です」(メジャー担当記者)

「車は大好きだが、運転は上手くない」と語ったことも

愛車の中でよく聴くのは『いきものがかり』

野球にはストイックなイチローも、野球以外では音楽を聴いてリラックスする。「基本的にはJ-POPです。以前は愛車の中でザ・ブルーハーツをよく聴いていましたが、数年前からサザンやミスチルも。最近はいきものがかりも聴いています」(メジャー担当記者)

2013年には『僕らの音楽』で椎名林檎と共演した(『僕らの音楽』HPより)

『白い巨塔』『すべらない話』が大好き

 ドラマ『古畑任三郎』にゲスト出演したことのあるイチローは大のドラマ好き。お気に入りは『白い巨塔』で、目的のためには手段を選ばない主人公・財前教授に惹かれるという。また、バラエティーは『人志松本のすべらない話』をDVDで見ている。雑誌のインタビューではかつて松本人志を「とんでもない才能の持ち主」と絶賛していた。

キャンプでは松本の相方・浜田雅功が制作したTシャツをイチローが着て話題に

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
女性セブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン