芸能

ジャニーズにダルも 明日花キララはなぜモテるのか

「最強のプロ彼女」の評も(公式ブログより)

 人気セクシー女優・明日花キララ(28)にまた大物との恋が浮上した。9月27日発売の「週刊女性」でジャニーズ事務所所属「Hey!Say!JUMP」の伊野尾慧(26)とのシンガポール極秘旅行が発覚したのだ。同誌では高級ホテルのプールサイドに手をつないで現われた2人が、肩を寄せ仲睦まじく過ごす様子を伝えている。

 明日花といえば、B90・W58・H83でGカップという海外セレブばりのプロポーションで人気を博し、現在は映画やバラエティなど、活動の場を広げている。

 彼女を有名にしたのは、2012年のダルビッシュ有(30)との交際報道だ。元妻・紗栄子(29)と離婚したばかりのダルとの箱根旅行などが報じられた。それ以外にもAKB48メンバーとともにJリーガーたちと合コンする姿をキャッチされたこともあり、奔放な交遊が注目を集めてきた。

 人気アイドルや一流アスリートなど、女性なら誰もが羨むイケメンたちを骨抜きにする明日花の魅力とは何か。彼女の知人が語る。

「明日花は元キャバ嬢ということもあり、六本木界隈の人脈が広い。芸能人やアスリートと知り合う機会も多いんです。しかも、初対面の男性にでも恋人のような距離感でボディタッチをするんです。胸元が大きく開いた格好でそんなことされたら、男は誰でも飛びついちゃう」

 芸能人やアスリートを次々ゲットする明日花を、「最強のプロ彼女」と呼ぶ声もあるという。恋愛カウンセラーの小日向るり子氏が解説する。

「本来、『プロ彼女』とは芸能人やアスリートとだけと付き合う一般人女性を指す。彼女たちは『彼女であること』に“プロフェッショナル”であろうと努力しています。『プロ=仕事』ですから、当然、彼を楽しませようと精一杯のもてなしをするし、彼のために自分の外見を磨くことも決して怠らない。まるで銀座の高級クラブのホステスのようにかゆいところに手が届くサービスをしてくれるのでモテるんです。

 明日花さんのように本業も知名度もある女性が、そんな『プロ』に徹するんです。そりゃ、さらにモテるはずですよね」

 なかなか魅力的な女性のようだ。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン