芸能

斉藤由貴 三谷幸喜氏からの「宮崎駿似自撮りメール」明かす

徳川家康(内野聖陽)の舵取りをする、側室の阿茶局を演じる斉藤由貴

 クライマックまであと2か月。ますます盛り上がりを見せるNHK大河ドラマ『真田丸』。天下分け目の戦いの中、徳川家康(内野聖陽)の舵取りをする独特の存在感を放つのが、家康の側室である阿茶局だ。大坂冬の陣では、徳川家を代表して豊臣家と交渉にあたる山場を控える阿茶局役の斉藤由貴(50才)が、戦国時代の女性の矜持や、役者たちの撮影裏話を語った。

――阿茶局はどういう女性?

斉藤:家康には旭姫という正妻がいるので、実質的には側室ですが、家康に一貫して寵愛を受けた聡明な女性です。だけど私の捉え方はとてもシンプルで、武将である以前に、ひとりの男として徳川家康という男に惚れて、この男のために全身全霊をもって尽くす、ということを決心している女性だと思っています。

――家康のどこに惚れている?

斉藤:家康は小心者だし、小狡くて二枚舌的なところがあるにも関わらず、いざという時の行動力がすごいんですよね。いざやるとなった時、情勢をものにする強運みたいなものを、阿茶は感じているのかもしれないです。

 自分の愛する男に、天下人となって世を統べて欲しい。寧もそうだったろうし、トップの武将に仕える女であれば、誰もが考えることだと思います。だけど、最近はちょっと違う見方もしているんです。

 家康の小狡さみたいなものを知っていて、この人はどうかな、という気持ちも多少はある。それでも自分の男には天下を取ってほしいという、女のエゴを通しているところもあるのかなって、思ったりもします。

――この時代の女性のプライドを、斉藤さんはどう考えていますか?

斉藤:戦国時代で、実戦にまみれるのは男性なわけですから、女性は圧倒的に立場が低い時代ですよね。その制約があるなかで、いかにして自分の考えを表現していくかというのは、知恵の絞りどころだと思うんです。

 今の時代は“男女平等”が死語になりつつあるくらい、女性も権利があって自由になってきました。でも、自由さゆえ見えなくなっている部分、頭を使わなくなっている部分がある気がするんです。

 女性は表舞台に立つことはなかったにせよ、この戦国時代の制約があるなかで、女性の創意工夫のようなもの、本当の意味での才覚みたいなものが、試された時代なのかなと思います。

――収録合間の雰囲気はどうですか?

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン