• TOP
  • スポーツ
  • 箱根絶対王者青学大に迫る東海大の“史上最強の新戦力”

スポーツ

2016.10.17 07:00  週刊ポスト

箱根絶対王者青学大に迫る東海大の“史上最強の新戦力”

 10月1日、世田谷陸上競技会5000mも両校が注目を集めた。疲労骨折で出雲駅伝エントリーを外れた東海大主将・荒井七海が「青学には勝て!」と檄を飛ばし、關や鬼塚翔太(1年)ら6人が学生トップ級の13分台をマーク。

 一方の青学大は春先から調子の落ちていた下田がついに13分台に突入。他の主力らはエース・一色恭志(4年)を先頭に集団走、4人が14分7秒で同着した。好調でも出し切らずに設定タイムを守り、ピークは駅伝に――本番から逆算した王者の調整法が垣間見えた。

 1月から見てきた現場は嘘をつかなかった。出雲駅伝では東海大が5区途中までトップに立ち、優勝した青学大を追い詰めた。両校の激突が熱い。熱すぎるのだ。

文■西本武司/1971年福岡県生まれ。メタボ対策のランニング中に近所を走る箱根ランナーに衝撃を受け、箱根駅伝にハマる。そのうちに、同じような箱根中毒の人々とウェブメディア「駅伝ニュース」を立ち上げる。本業はコンテンツプロデューサー。ツイッターアカウント名は「公園橋博士」、相棒は「マニアさん」(アカウント名「@EKIDEN_MANIA」)

撮影■EKIDEN News

※週刊ポスト2016年10月28日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス