• TOP
  • ライフ
  • 糖尿病 生の果物は予防になるがジュースはリスク高める

ライフ

2016.10.27 16:00  週刊ポスト

糖尿病 生の果物は予防になるがジュースはリスク高める

果物を健康的に摂取する方法は?

 健康な生活を送り、寿命を延ばすために重要なのは何を食べるかだろう。フルーツを多く食べることに、健康的なイメージを抱く人は少なくない。ハーバード大学で食と健康に関する研究をしていた米国ボストン在住の内科医師・大西睦子氏は、こんな疫学統計の結果を紹介する。

「英オックスフォード大と中国医学科学院が共同で、中国の都市部と農村部に住む51万2891人(30~79歳)を対象とした大規模疫学調査を実施したところ、生の果物を毎日食べる人は食べない人にくらべて、心血管疾患による死亡が40%、主要冠動脈イベントは34%、虚血性脳卒中は25%、出血性脳卒中は36%少なかったという結果が出ています」

 生のフルーツを頻繁に摂取する人ほど、血圧や血糖値に関係なく、心血管疾患リスクが低かったという。

 しかし、ほとんどのフルーツは長期保存に向かないのが難点だ。市販のフルーツジュースで代用できないか。

 ハーバード公衆衛生大学院の研究者らが、18万7382人を対象に行なった大規模疫学研究の結果が2013年に発表されている。それによれば、市販のフルーツジュースを毎日1杯以上飲む人は、2型糖尿病のリスクが21%も増加し、逆に週3杯のジュースを果物に換えると、糖尿病のリスクが7%減少したという。

「つまり、新鮮な果物を食べることは糖尿病の予防になりますが、糖分の多いフルーツジュースを飲んでいると糖尿病のリスクが高まります」(前出・大西氏)

 ジュースの糖分は商品によって異なり、とりわけ米国のジュースは日本に比べて糖分が高いとされるので、そのまま日本に当てはめられるわけではないものの、気になるデータではある。

※週刊ポスト2016年11月4日号

関連記事

トピックス