• TOP
  • ライフ
  • 四国独特の掟 隣り合う県同士が嫌い、離れた県同士は親しい

ライフ

2016.11.02 16:00  週刊ポスト

四国独特の掟 隣り合う県同士が嫌い、離れた県同士は親しい

愛媛県民自慢の名城・松山城(撮影/太田真三)

 香川、徳島、愛媛、高知からなる四国には、四国以外の人間には理解不能な不思議なルールが存在する。隣り合う県同士が嫌い合い、離れた県同士は親しくするという“独特の県関係”が存在するのだ。

「香川県は隣接する愛媛と徳島が嫌いで、対角線上の高知との関係は良好。同じように愛媛県は香川と高知とは仲が悪いが徳島とは仲がいい」(四国なんでも88箇所巡礼推進協議会会長・佐藤哲也氏)

 そんななか“四国ナンバーワン”を激しく争っているのが高松(香川県)と松山(愛媛県)だ。高松は伝統的に四国の玄関口として栄え、現在も国税局をはじめとする国の監督官庁は高松に置かれている。一方、人口では松山が高松を上回り、NHKの四国地方における拠点局も、高松ではなく松山に置かれている。

 しかし、狭い四国を二分しての戦いだけあって、そのスケールはなんとも微笑ましい。まずは、松山市民の攻撃だ。

「高松なんて、うどんだけ。松山には愛媛みかんも鯛も道後温泉もある」
「松山には東急ハンズがあるからね。前は『ラフォーレ原宿』もあったんです。なくなったけど……」
「行ってよかった『日本の城』ランキングで松山城は6位。高松城は圏外」

 高松市民も黙っちゃいない。

「JR松山駅はいまだに改札の切符が手渡し」
「アーチストのツアーで、四国で1か所しかやらない時は、たいてい高松に来る」
「高松では大阪のラジオが聞ける。松山では聞けないでしょ?」

 他地域の人間には、ほとんど子供のケンカにしか聞こえない……。前出・佐藤氏もため息をつく。

「四国全体は人口が減少傾向にあり、市場規模や生産額も縮小している。あるビール会社の統計では、日本全体で四国のビールの売り上げはたったの3%。四国のなかでいがみ合いをしている場合じゃないですよ」

※週刊ポスト2016年11月11日号

関連記事

トピックス