国内

元競輪選手、熊本の自虐写真おばあちゃんのカメラ術

“自撮り自虐写真”が世界中から注目を集めている

 悩ましげな表情を浮かべるおばあちゃんが入っているのは、家庭用燃やすゴミの袋──。なんともシュールな自虐写真の撮影者は、このおばあちゃん自身。自ら手に持ったリモコンでシャッターを押したセルフポートレートなのだ。ネット上で拡散し、国内のみならず海外でも話題沸騰中のこのおばあちゃんに会ってみると、こちらが思っていた以上に人生を満喫するスーパーおばあちゃんだった。

 SNSでいかに「いいね!」をもらえるかは、写真が決め手といっても過言ではない。それはきれいで、かわいくて、かっこいい写真より、面白いかどうかが最も重要だ。実際インスタグラムで日本一フォロワーが多いのは、お笑い芸人の渡辺直美。これは水原希子やローラを押さえての1位。渡辺の変顔は時にニュースになるほど話題になっている。

 バカボンのパパのような出で立ちで鼻に黒いペンを2本突きさしたり、はたまたスコップが頭に突き刺さって見えるように映り込んでみたり…。おばあちゃんがやっているということを除けば、もしかしたらこの程度のおバカ写真は、「やったことがある」「見たことがある」という人も多いかもしれない。

 しかしよだれかけをして、おしゃぶりを手に持った写真──ゴミ袋もそうだが、高齢者であることを逆手にとった自撮り写真には戸惑う人も多いのではないか。面白いと言っていいのか、笑っていいのか、それにしたって不謹慎かも…そんな複雑な感情を抱えながら、それでもきっと笑ってしまうはずだ。

 これらの写真の撮影者は、熊本在住の西本喜美子さん(88才)。彼女が初めてカメラを手にしたのは16年前、72才の時だった。長男の和民(かずたみ)さんが熊本市内で開いている写真教室『遊美塾』の生徒が、喜美子さんの自宅に遊びに来た時に誘われたのがきっかけだったという。それからどんどん写真の面白さにのめりこみ、74才のときにパソコンを購入、今ではそれを自由自在に操る。たとえば、バイクで転倒したように見える写真。もとは停まっている車の近くでわざわざ転んだように見せかけて撮ったものだが、そこに、さも車が走っているかのように、画像編集ソフトのフォトショップで編集を加えているという。

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン