国内

逮捕の講談社編集次長の妻「夫の暴力に悩んでる」と語っていた

3月からの大型連載も予定していたという講談社の朴鐘顕容疑者

『週刊モーニング』の編集次長を務める講談社の社員・朴鐘顕容疑者(ぱく・ちょんひょん=41才)が、妻を殺害した容疑で逮捕された。発端は2016年8月、時事通信社が報じた短い記事だった。

《東京都文京区***(原文では表記あり)の民家で9日、住民の無職女性(38才)が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡していたことが12日、警視庁駒込署への取材で分かった。同居する夫は「自殺だと思う」と説明したが、遺書などは見つからず、司法解剖で死因も判明しなかった。同署は自殺と事件の両面で調べている》

 記事によると、8月9日深夜2時45分頃、40代の会社員の夫から「家の中で妻が倒れている」と119番があった。女性は玄関近くにある階段の下で、部屋着姿で仰向けになって倒れており、約1時間後に病院で死亡が確認されたという。その「会社員夫」こそ、朴容疑者である。全国紙社会部記者が続ける。

「警察はすぐに捜査本部を設置しました。司法解剖の結果、死因が窒息であることがわかった。現場検証では、自宅へ第三者が入った形跡がなかったので、真っ先に疑われたのは、同居する夫の朴容疑者でした。ところが、現場が自宅という“密室”だったことがネックでした。夜だったとはいえ、小学生の長女と長男は物音を聞いたり、現場を見たりしていたかもしれませんが、幼い子供に“父親の凶行”の証言をさせるのは酷ですからね」

 ひっそりと起きた不審死事件だったが、秋口になると一部メディアの間で話題に上り始める。朴容疑者が大手出版社「講談社」の人気マンガ雑誌『週刊モーニング』の編集次長であり、過去にヒットマンガを連発しているカリスマ編集者であるという情報が、じわりと広がっていったからだった。

 朴容疑者は大阪出身で京都大学法学部を卒業した、エリート中のエリート。1999年に講談社に入ると、『週刊少年マガジン』編集部で、累計5000万部を売り上げ、反町隆史(43才)やEXILEのAKIRA(35才)の主演でドラマ化や映画化された『GTO』などを手がける。

 彼の評価を決定づけたのが、創刊に携わった『別冊少年マガジン』だ。創刊と同時に新人マンガ家を大抜擢し、後に累計6000万部を超えるメガヒット作『進撃の巨人』の連載にかかわった。

◆夫人がママ友に漏らした「夫婦間の悩み」

 現場となった朴一家の自宅は、都内中心部の閑静な住宅地にある。付近には明治の文豪の旧跡や寺院が数多く、文化的な雰囲気が漂うエリアだ。

 朴容疑者が群馬県出身の妻と結婚したのは2007年5月。長く社宅暮らしをしていたが、子供が増えて手狭になったのか、一家は5年ほど前にこの一戸建てに引っ越してきた。近所住民が語る。

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン