国内

逮捕の講談社編集次長の妻「夫の暴力に悩んでる」と語っていた

3月からの大型連載も予定していたという講談社の朴鐘顕容疑者

『週刊モーニング』の編集次長を務める講談社の社員・朴鐘顕容疑者(ぱく・ちょんひょん=41才)が、妻を殺害した容疑で逮捕された。発端は2016年8月、時事通信社が報じた短い記事だった。

《東京都文京区***(原文では表記あり)の民家で9日、住民の無職女性(38才)が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡していたことが12日、警視庁駒込署への取材で分かった。同居する夫は「自殺だと思う」と説明したが、遺書などは見つからず、司法解剖で死因も判明しなかった。同署は自殺と事件の両面で調べている》

 記事によると、8月9日深夜2時45分頃、40代の会社員の夫から「家の中で妻が倒れている」と119番があった。女性は玄関近くにある階段の下で、部屋着姿で仰向けになって倒れており、約1時間後に病院で死亡が確認されたという。その「会社員夫」こそ、朴容疑者である。全国紙社会部記者が続ける。

「警察はすぐに捜査本部を設置しました。司法解剖の結果、死因が窒息であることがわかった。現場検証では、自宅へ第三者が入った形跡がなかったので、真っ先に疑われたのは、同居する夫の朴容疑者でした。ところが、現場が自宅という“密室”だったことがネックでした。夜だったとはいえ、小学生の長女と長男は物音を聞いたり、現場を見たりしていたかもしれませんが、幼い子供に“父親の凶行”の証言をさせるのは酷ですからね」

 ひっそりと起きた不審死事件だったが、秋口になると一部メディアの間で話題に上り始める。朴容疑者が大手出版社「講談社」の人気マンガ雑誌『週刊モーニング』の編集次長であり、過去にヒットマンガを連発しているカリスマ編集者であるという情報が、じわりと広がっていったからだった。

 朴容疑者は大阪出身で京都大学法学部を卒業した、エリート中のエリート。1999年に講談社に入ると、『週刊少年マガジン』編集部で、累計5000万部を売り上げ、反町隆史(43才)やEXILEのAKIRA(35才)の主演でドラマ化や映画化された『GTO』などを手がける。

 彼の評価を決定づけたのが、創刊に携わった『別冊少年マガジン』だ。創刊と同時に新人マンガ家を大抜擢し、後に累計6000万部を超えるメガヒット作『進撃の巨人』の連載にかかわった。

◆夫人がママ友に漏らした「夫婦間の悩み」

 現場となった朴一家の自宅は、都内中心部の閑静な住宅地にある。付近には明治の文豪の旧跡や寺院が数多く、文化的な雰囲気が漂うエリアだ。

 朴容疑者が群馬県出身の妻と結婚したのは2007年5月。長く社宅暮らしをしていたが、子供が増えて手狭になったのか、一家は5年ほど前にこの一戸建てに引っ越してきた。近所住民が語る。

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン