• TOP
  • ライフ
  • 新興メーカー2社が投入の新型炊飯器には「保温機能」がない

ライフ

2017.01.15 16:00  NEWSポストセブン

新興メーカー2社が投入の新型炊飯器には「保温機能」がない

ご飯の味革命か(写真:アフロ)

 日本の炊飯器はアジアからの観光客がお土産にするほど高性能で人気だ。そこへ新しいコメの味を提案する2つの炊飯器が登場した。従来となにが違うのか。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
 昨今「ダイバーシティ」というと、「企業で、人種・国籍・性・年齢を問わずに人材を活用すること」(デジタル大辞泉)というように、ビジネス文脈で使われることが多い。とりわけ、女性の登用やマイノリティの積極的な採用といった、社会性にまつわる場面でよく見聞きする言葉だ。

 すべての世界でダイバーシティは進行している。ネットインフラの充実やソーシャルメディアの発展により、世に流通する情報量は爆発的に増えた。あるカテゴリーにおいて、情報や知見が飽和するまでは「レベル」が縦方向に上がり続ける。そしてひとたび飽和するとそのエネルギーは横展開――つまり多様性へと向けられる。「食」においてもその傾向は変わらない。

 例えば飲食店で言えば、質・数ともに世界屈指の都市である東京ではもはや「うまい」のは当たり前。その上で他とどう差別化を図るかが重要になっている。もっとも単純な差別化は価格競争だが、一方でそれは自らを苦境に追い込む手法でもある。「味」で差別化は認知されるのに時間がかかる。そこで「会員制」などの業態や、「熟成」といった素材での差別化が図られるわけだ。

 外食だけではない。家庭の食卓においても同様の傾向は伺える。例えば今年は「炊飯」も多様化する。従来、炊飯器を扱う大手メーカーが打ち出していた炊飯器はどんな味を目指すのか、ぼんやりとしか伝わってない製品が多かった。

「おいしい」という表現は言わずもがな、「羽釜」もキーワードとしてよく使われていたし、「甘み」「粘り」「香り」を強調する製品も多かった。だが「甘み」「粘り」などの指標は、そもそも米の食味を分析する官能審査の判定基準でもある。少し前の高級炊飯器ブームや一部層への鍋炊きの浸透もあって、もはや「うまいごはん」は当たり前のように炊けるようになった。

 そうなるとトレンドは多様化にスライドする。そしてこの冬、図らずも2つの国内メーカーが「炊飯専用器」を新たに市場に投入する。ひとつは新たな家電を次々に市場に投入する「バルミューダ」。この数年「最高の注ぎ心地の電気ケトル」など斬新なアイテムを市場に投入し続け、昨年発売されたトースターが「感動的にトーストがうまくなる」と爆発的なヒットに。3万円と高額なトースターを10万台以上売り上げた気鋭の国内家電メーカーが、2月下旬「BALMUDA The Gohan」という炊飯器を市場に投入する。価格は4万1500円(税別)。

 そしてもう1社は、「バーミキュラ」。鋳物ホーロー鍋のメーカーである。このジャンルではフランスの「ル・クルーゼ」や「ストウブ」が有名だが、この数年、国産の鋳物ホーロー鍋メーカーとして急激にシェアを伸ばしている。この「バーミキュラ」も昨年12月、「VERMICULAR RICE POT」という炊飯専用のアイテムを市場に投入した。こちらは内釜が単体でも使える鋳物ホーロー鍋となっていて、炊飯以外の調理にも使えるIHヒーター一体型の外釜とのセットで価格は7万9800円(税別)。

関連記事

トピックス