ビジネス

最新ビジネス記事のRSS

「ウォール街の巨人」が日本株買いに転じた6つの理由

2017.01.17 16:00

 日本経済の爆騰が始まったと見ているのは日本の投資家だけではない。世界最大の資産運用会社が、ここに来

 日本経済の爆騰が始まったと見ているのは日本の投資家だけではない。世界最大の資産運用会社が、ここに来て日本株を“買い”に転じた理由とは──。

 ウォール街の巨人と呼ばれる資産運用会社ブラックロックが2016年12月、日本株に対して強気の投資判断をしたレポートが注目を集めている。5.1兆ドルの運用資金を誇る同社がグループ全体で保有するTOPIX500社の構成銘柄の評価額が約10兆7680億円に達した。これは日銀の保有する日本株に匹敵する巨額の運用額だ。

 実際、ブラックロックが5%以上の株式を保有するとして提出した「大量保有報告書」を確認すると、3大メガバンク、三井物産、伊藤忠商事、大和証券G、マツダ、ニコン、JXHDなど、日本が誇る一流企業がズラリと並ぶ。

 そんな“大株主”が日本株を「買い」に転じた理由は何か。ブラックロック・ジャパンの福島毅CIOは、日本証券新聞紙上(2016年12月19日付)で、「米金利上昇が円安を促し、輸出企業への恩恵が大きくなる。政権の安定も一因」と述べた。

 さらにブラックロックのチーフ・ストラテジストであるイザベル・マテオ氏は、同社のHPで発表したブログ(2016年12月19日)で、「Reasons to like Japanese stocks(日本株を検討すべき理由)」を具体的に6項目に分けて説明する。

■高まる円安基調

 マテオ氏が筆頭に挙げたのが円安だ。同氏は、〈日本株は円安になると上昇する傾向がある〉(マテオ氏のブログより、以下〈〉内同)とする。福島氏が指摘するように、円安になれば日本の輸出企業が潤い、株高を誘導する。マテオ氏はこう続ける。

〈円安になると外国人投資家が日本株を買い、株式市場全体が浮揚する〉

■日銀の「イールドカーブ・コントロール」と世界的なインフレ傾向

 長期金利と短期金利を操作して「ゼロ金利」を維持するために、昨年9月に導入された日銀の「イールドカーブ・コントロール」政策をマテオ氏は高く評価している。また世界的なインフレ傾向のなか、FRB(連邦準備制度理事会)が利上げに踏み切れば日米の金利差が拡大すると予測する。ケイ・アセット代表の平野憲一氏もうなずく。

「今年は日銀がゼロ金利を継続する一方、米国では強気の年3回の利上げが予測されています。すると日米の金利差がさらに拡大して円安が進むでしょう」

■企業収益の持ち直し

 企業収益もポイントだ。

〈日本企業の収益は上半期の下落から上昇に転じた。GDPは依然として低迷し、国際的に見ると企業収益は相対的に低いものの、円安が企業収益を押し上げるだろう。企業収益を阻害する要因は少ない〉

 前項までに述べたように、円安基調で回復が見込まれる企業の業績は、日本株高騰の要因となる。

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP