• TOP
  • ビジネス
  • グローバル化が遅れた日本こそが世界の経済覇権を握る

ビジネス

2017.01.24 11:00  SAPIO

グローバル化が遅れた日本こそが世界の経済覇権を握る

経済評論家の三橋貴明氏

 世界がナショナリズムに傾く中、労働力のコストが高く資源がない日本は経済的には不利に思える。しかし経済評論家の三橋貴明氏は、「日本こそが次の経済的覇権を握る」と予測する。

 * * *
 これからの時代、世界の経済的覇権を握るにはナショナリズムにいち早く移行することが条件になる。

 過度にグローバル化し、移民問題などを抱える欧州諸国や米国は、急激に現状を変えることは非常に困難だ。ナショナリズムへ移行するにはグローバリズムを“正しく”終わらせる必要があるが、欧米ではもはや手遅れに近いのだ。そうした国々は政策が揺れ動き、最悪、軍事的混乱まで引き起こしかねない。

 だが主要国の中で、日本だけは事情が異なる。理由は日本が「まだグローバル化していない」ことに他ならない。

 グローバリズムとは、ヒト・モノ・カネの国境を越えた移動の自由化を「善」とするものだ。

 カネの移動を表す「対内直接投資残高GDP比率」(2013年末)という指標がある。外国からその国がどれだけ直接投資を受けているかを示すもので、日本はわずか3.7%。ヒトの移動を表す「移民人口比」(2015年)を見ても、日本は1.6%と主要国では圧倒的に低い。モノの移動を表す輸出入依存度も低く、日本はグローバル化していないことがわかる。

 日本は世界から閉鎖的だと長年批判を浴び続けてきた。ところが、今や世界各国は、グローバリズムに終止符を打ち、ナショナリズムへシフトしようとしている。その中で、国民が“グローバル化疲れ”していない日本は、圧倒的なアドバンテージを持っているのだ。

関連記事

トピックス