• TOP
  • ライフ
  • “世界一の眼科医”が教える、信頼できる眼科医の選び方

ライフ

2017.02.21 16:00  週刊ポスト

“世界一の眼科医”が教える、信頼できる眼科医の選び方

深作眼科理事長の深作秀春氏

 年齢を重ねれば、必ず表われるのが「目のトラブル」である。かすみ目や老眼にはじまり、緑内障など失明と隣り合わせの深刻な症状に発展するケースも少なくない。また、白内障は80歳以上の人は100%が発症するという。治療において、まず頼るべきは眼科医だが、一口にいってもその技術と姿勢は様々である。

 信頼できる眼科医を選ぶにはどうすればいいか。15万件超という世界トップクラスの眼科手術実績を誇り、欧米の医師から“世界一の眼科医”と呼ばれる深作秀春・医師がアドバイスする。

 深作氏は、眼科の最新治療に最も影響力のある「米国白内障屈折矯正手術学会」(ASCRS)で、過去に最高賞を世界最多の20度受賞している。深作氏はまず「何より手術実績を重視すべき」と主張する。

「手術数が多い医師は、検査に携わる実績も必然として多くなる。眼科手術は精密な技術が求められるため、その前提となる検査にも正確さが求められるのです。研究熱心で手術を重ねる医師ほど腕が上がり、検査や診察の質も上がる。

 眼科医は検査・診察・手術が三位一体なのです。白内障なら累計で5000件以上、緑内障は300件以上の手術実績がある医師を私は推奨します。網膜剥離なら件数ではなく、成功率95%がボーダーラインです」

 手術実績を知るには、眼科医を受診する前に電話などで問い合わせるほか、手術実績を病院ホームページなどで公開する医師も増えている。

関連記事

トピックス