芸能

小林麻央 現在の治療方針は「痛みをコントロール」

夫・海老蔵の舞台に姿を見せた小林麻央

 漆黒の壁と天井から、無数の音響や照明の機器が突き出している。真っ赤なシートの1階席と灰色のシートの2階席。近未来のライブハウスを思わせるシックな内装の劇場「EXシアターROPPONGI」(東京・港区)だが、その日の舞台上には黒色と柿色と萌黄色の3色タテ縞模様、いわゆる「歌舞伎の緞帳」が下り、大入りの客席の熱気と相まって、異様な雰囲気を醸し出していた。

 演目が終わった。万雷の拍手の中で幕が上がると、着物姿の出演者が舞台に並び、1階席に向かってお辞儀をし、2階席に手を振る。

 主演の市川海老蔵(39才)は感極まった表情で、右斜め上を見つめていた。視線の先は、1階席と2階席の間に設けられたバルコニー席。初日(2月4日)には舞台の脚本を務めたリリー・フランキー(53才)や、演出の三池崇史(56才)が座っていた特別な席。その日、そこから公演を見つめていたのは小林麻央(34才)だった。

 鳴りやまないカーテンコールの中で、海老蔵は妻の方を向いて、大きくゆっくりと、何度も手を振った。そして、その手で目に光るものを拭った――。

 小雨が降った2月20日の夕方、海老蔵は、家族4人で外食をしたことをブログにアップ。《家族水入らず。いつぶりなのやら…》と、束の間の休息を楽しんだ。

 その日が主演を務めた六本木歌舞伎『座頭市』の千秋楽だった。得意の“目力”を封印し、終始目を閉じて盲目の座頭を演じたほか、歌舞伎初挑戦の寺島しのぶ(44才)も出演するとあり、チケットは即完売の大人気だった。

 麻央が観劇に訪れたのは、千秋楽の2日前のこと。夫の舞台を鑑賞するのは、実に1年3か月ぶりで、がんを公表してからは初めてのことだった。

 海老蔵は当日のブログで《観に来たんです 昼の部ですが 後で感想聞くの楽しみです》と、喜びをかみしめた。

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン