国内

森友学園「乳母車に乗せると脳細胞を壊す」と保護者に手紙

国有地売却問題が国会で大炎上中の森友学園が運営する森友保育園

「子供を通わせていた幼稚園が、この春から系列の『安倍晋三記念小学校』を新設するからといって、寄付金を求められたんです。ウチは1口1万円で2口以上の寄付を求められました。1口5万円を求められたママ友もいました。たしかに、園長先生と安倍昭恵さん(54才)が親しいそうで、幼稚園で講演もしていますが、私は安倍さんの支持者じゃありませんし…。寄付はしませんでした」(Aさん)

 現在、大阪・豊中市の国有地売却問題が国会で大炎上中で、連日、新聞やテレビで大きく取り扱われている。

 簡単にいえば、国の土地が前代未聞の安さで学校法人「森友学園」に売られ、その背後に、新設小学校(瑞穂の國記念小學院)の名誉校長である昭恵さんや安倍首相(62才)の影響力があったのではないか、という疑惑である。その森友学園の理事長が、前出のAさんの言う、昭恵さんのオトモダチの園長だ。全国紙記者が言う。

「隣接する土地の値段から計算すると13億円ちょっとのはずでした。ところが、国の鑑定価格で9億5600万円に減り、さらに地中にゴミが埋まっていて掘り起こす費用がかかるとして8億円以上が安くなった。しかも、8億円とは別に、汚染土壌の除去費用として、国は1億3000万円余りを森友学園に支払っています。実質的に、たったの200万円で土地を手に入れたことになります。国有地は国民の財産。それが不当に安く払い下げられたのなら、重大な問題です」

 結局、安倍晋三記念小学校という名称は使われず、昭恵さんは騒動を受けて名誉校長を辞任したが、過去の講演では、「こちら(森友学園)の教育方針は、主人(安倍首相)も大変素晴らしいと思っている」と絶賛していた。

 それもそのはずだ。森友学園が運営する「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)の運動会では園児が“選手宣誓”で「安倍首相がんばれ! 安倍首相がんばれ!」「大人の人たちは日本が他の国に負けぬよう」と声を張り上げる様子が報じられている。

 実際に園に子供を通わせていた前出の母親Aさんは「あり得ない日常でした」と声を震わせた。

「猫の顔をあしらったスクールバスがかわいいし、冷凍食品や化学調味料をできるだけ使わない給食が魅力だったので入園させました。ところが、驚いたのは毎朝の朝礼で明治時代の教育勅語を朗唱すること。『大君(天皇)の足元で死のう』という歌詞の軍歌を歌わせることもありました。園が作成する『お母さん新聞』には“日本人の精神”や“武士道”といった記述ばかり。運動会の園長先生の挨拶がとにかく延々と長くて、内容は北方領土がどうとか、竹島がどうとか、尖閣諸島がどうとか。幼稚園児にわかるはずもないんですが…」

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン