• TOP
  • スポーツ
  • 瀬古利彦が衝撃提言「箱根駅伝に42.195km区間導入を」

スポーツ

2017.03.07 11:00  週刊ポスト

瀬古利彦が衝撃提言「箱根駅伝に42.195km区間導入を」

かつての名ランナーが緊急提言(瀬古利彦氏)

 2月26日に開かれた東京マラソンではウィルソン・キプサング(34、ケニア)が2時間3分58秒で優勝。終わってみれば上位7人は全員、アフリカ勢だ。

 世界との差を見せつけられたのは、正月の風物詩となった箱根駅伝で脚光を浴びた若手選手たちだった。

 2012年の箱根から3年連続区間賞の設楽悠太(東洋大卒、Honda)は日本記録(2時間6分16秒)を上回るペースでレースを進めたが、30km以降は失速して11位(2時間9分27秒)。花の2区で連続区間賞(2015、2016年)の服部勇馬(同、トヨタ自動車)は13位(2時間9分46秒)に終わった。日本人トップの井上大仁(山梨学院大卒、MHPS)ですら2時間8分22秒と、トップと4分以上の大差だった。

「日本のマラソンは今までで一番弱い」と危機感を顕わにするのは、昨年11月に日本陸連の「マラソン強化戦略プロジェクト」のリーダーに就任した瀬古利彦氏(DeNAランニングクラブ総監督)だ。現役時代、国内外のマラソンレースで15戦10勝の戦績を残したレジェンドは東京マラソン直前、本誌の取材にこう語った。

「世界が2時間2~3分の記録で走っているのに、日本は8~9分台で争っている。30年前の記録ですよ。箱根の距離(1区間約20km)を走れる選手がたくさんいても、マラソンは全く別の種目です。駅伝のついでにやるんではなく、意識も生活も42.195kmにかける“マラソンの職人”を育てないと手遅れになる」

 そこで具体的に何を変えるのかを問うと「仮にできるなら」と前置きしたうえで、大胆な“改革プラン”を明かした。

「箱根にフルマラソン区間をつくったらいいんです。今の復路の9区(戸塚~鶴見=23.1km)と10区(鶴見~大手町=23.0km)をつなげてアンカー区間にすれば難しくないでしょ。そうしたら各校が必ずこの距離の練習を始める。出場校のエースが挑めば、毎年20人のマラソンランナーが生まれるわけです」

 あえて記すが、瀬古氏の表情は大真面目だ。箱根駅伝の大改革による“マラソン強豪国復活”を考えているのである。

「はっきりしているのは宗(茂・猛)兄弟や私のような職人がいた時代に比べ、今は練習量が減っていること。1日70~80km走る練習を取り入れたりしないと世界には太刀打ちできませんよ。1992年バルセロナ五輪で金メダルを取った韓国の黄永祚に聞いたら、やはり80km走をやっていた。東洋人が世界に勝つには距離を走るしかない」(瀬古氏)

関連記事

トピックス