• TOP
  • 国内
  • 愛国教育懸念の寺脇研氏、リベラルの「何でも反対」も問題視

国内

2017.03.09 07:00  週刊ポスト

愛国教育懸念の寺脇研氏、リベラルの「何でも反対」も問題視

教育現場に広がりつつある愛国教育をどう考えるか

 国有地払い下げ問題が国会やマスコミで取り上げられている大阪の森友学園。幼稚園児に「教育勅語」を教えているという事実に世間では衝撃が走ったが、実は中高になれば教育勅語を教える学校はほかにもある。

 伊勢神宮のお膝元にある三重県の皇学館中学・高等学校は、明治の初めに創設され、今年で135周年になる伝統校。同校の教頭は「森友学園とは一緒にされたくない」とした上でこう言う。

「教育勅語が発布された10月30日を『家族に感謝する日』と定め、現在も毎年、教育勅語を書き写す『謹書』を行なっています。教育勅語の中の『友達や家族を大切に』という理念を生徒たちに教えることは、道徳が失われた今の日本に必要なことだと思います」

 青森県の松風塾高等学校では、週1回くらいの頻度で、朝会で教育勅語の『朗誦』を行なっている。

「教育勅語の朗誦は、昭和30年の創設以来の伝統。よそから見たら特異に見えるかもしれませんが、右翼的な学校というわけではなく、生徒たちが国を思う気持ちを育み、立派な大人になってほしいという願いを込めて、教育をしています」(同校教師)

 これらの私立学校は伝統と教育理念に基づいた指導をしているわけで、決して批判されるべきものではない。だが、生徒が気づかないうちに、保守的な思想が教育現場に持ち込まれている場合はどうだろう。

 保守系団体・日本会議の機関誌『日本の息吹』(2015年11月号)では、日本会議と歩調を合わせる日本青年会議所に属し、憲法論議推進委員会副委員長を務める樋口陽平氏が、以下のように語っている。

〈学校に呼ばれて授業したりすることもやっています〉
〈たとえばこの10月上旬には、埼玉県のある中学3年生9クラス約300人の生徒を対象に(中略)徳育・憲法・領土・選挙についての出前授業を開催させて頂きました〉

 憲法改正を推進する団体の副委員長が、政治的中立が求められる学校現場で出前授業を行なうことには疑問が残る。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス