スポーツ

箱根駅伝事情通 1500mの『スピードスター区間』新設を提案

お正月の定番に大きな変化を求める!

 東京五輪が3年後に迫る中、2月26日に開かれた東京マラソンは、上位7人は全員、アフリカ勢で日本人トップ8位の井上大仁(山梨学院大卒、MHPS)ですらトップと4分以上の大差だった。昨年11月に日本陸連の「マラソン強化戦略プロジェクト」リーダーに就任した瀬古利彦氏(DeNAランニングクラブ総監督)は危機感を顕わにし、「箱根駅伝に『42.195km』区間をつくる」プランを明かした。これには指導者たちの間でも賛否両論となっているが、箱根ファンは瀬古氏の提案をどう聞くか。

「導入するなら復路より往路が絶対にいい」と断言するのは、駅伝シーズンを通じて最も現場に足を運ぶウェブメディア「EKIDEN NEWS」の「博士」こと西本武司氏だ。

「瀬古さん提案の9区(戸塚~鶴見=23.1km)+10区(鶴見~大手町=23.0km)だと、トップから最後尾までの差が大きく、交通規制を担当する警察当局などの了承を得るのが難しくなるでしょう。また、過酷な設定によって最後尾のゴール時刻が後ろ倒しになれば、その後の全国高校サッカー選手権の放送時間との調整が必要になり、日テレ側もやりづらい。かといって復路のスタート時刻を早めようにも、1月の芦ノ湖は午前8時でさえ路面が凍結しているからまず無理」

 その点、往路なら先頭と最後尾の差も小さく、スタート時刻も含めて柔軟な対応が可能だという見方だ。では往路ならばどこか。

「3区の終点の平塚中継所を起点に、湘南国際マラソンの周回コース(西湘バイパス二宮IC~江の島入り口)を『新4区』として挿入したらどうでしょう。海沿いのフラットなコースで高速レースの設定になる」

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン