• TOP
  • ビジネス
  • 火中の栗拾い失敗する新社長と成功する新社長の違いは?

ビジネス

2017.04.07 11:00  週刊ポスト

火中の栗拾い失敗する新社長と成功する新社長の違いは?

火中の栗拾い失敗する新社長と成功する新社長の違いは?

 かつらメーカー最大手のアデランスは、創業者の根本信男社長兼会長(76)が経営の指揮を執ってきたが、業績悪化を理由に社長を退任し、1982年入社の津村佳宏副社長(53)が社長に昇格する。

 アデランスは2004年以降、大株主だった米投資ファンド、スティール・パートナーズと経営権を巡って対立。加えて、低価格な女性用かつら(ウィッグ)を展開する新規参入組に市場を奪われ、2016年3~11月期の連結決算で11億円の赤字を計上していた。

 そこで、根本会長は今年2月に上場を廃止し、投資ファンド・インテグラルの支援で再建を目指している。

 過去にも、創業社長やカリスマ経営者の跡を継いで難局に向き合った例はあるが、うまくいかないケースが目立つ。まさに「火中の栗を拾う」状況だ。

 例えば、ダイエーの創業者、中内功氏の側近だった高木邦夫氏は、業績悪化を受けて2001年に中内氏を継いで社長に就任し、自主再建を目指した。

 中内氏が福岡ダイエーホークス所有にこだわっていたため、球団売却を回避しながら再建を目指したが、力及ばず、金融機関の説得で産業再生法の適用を決断した。

関連記事

トピックス