ライフ

歯ブラシ「硬め」に歯周病リスク 医師は「やわらかめ」推奨

◆極細毛なら歯周ポケットの奥まで届く?

 最近の歯ブラシは、歯周病対策として「極細毛」タイプが多い。各社の説明では、歯周ポケットの隙間に極細毛が入りプラークを掻き出せるというのだが、専門家の意見は少し異なるようだ。

「私自身も超極細毛タイプを使っていますが、毛先が優しいタッチだからです。患者さんには、リスクが高い部分の歯周ポケットにブラシを入れて磨く指導をします」(認定歯科衛生士・太田由美氏)

「極細毛タイプは弾力性が弱いので、患者には普通の歯ブラシを薦めます。歯ブラシの毛は、歯周ポケットの深さ3ミリ程度までしか入りませんので、頑固に付着したバイオフィルムを掻き出すのは難しいです。

 歯周病を治すには、専用器具でバイオフィルムを機械的に除去する方法しかありません」(歯周病専門医・吉川英樹氏)

※週刊ポスト2017年4月14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス