国内

大人になって漏らした経験調査、男は29.5%で女は14%

お漏らし経験はなぜ男性の方が多い?(イラスト/アフロ)

 新生活となり、緊張感を持つ日々を送っている人も少なくないでだろう。そんな時に心配なのが、急な腹痛だ。電車の中でトイレが我慢できなくなったり、大切な会議の前に駆け込みたくなったりすることも…。

 実は、こうした腹痛から耐えきれず「間に合わなかった」経験をした人は男性の方が多い。

「大人になってからうんこをもらしたことはありますか?」という質問(40~70代の男女各200名が対象)に、男性は29.5%が「ある」と回答。女性は14%。その理由を小林メディカルクリニック東京院長の小林暁子さんはこう分析する。

「高齢者なら肛門付近の筋力が弱り、もれることがありますが、若い人でもらすのは、便がたまりすぎていたのに仕事の都合や電車でがまんしてトイレに行けなかった場合。もらす男性が多いとすれば、仕事上トイレになかなか行けないとか、仕事のストレスで腸に負担がかかるからでしょう」

 実際、編集部でも「実はぼくも…」と打ち明ける人、複数アリ。これは男性では“あるある”だ。

 例えば、爆笑問題・田中裕二(52才)は仕事現場から自宅に帰る途中で便意に襲われた。がまんの限界がきたが、自宅まで5、6分。すぐ近くの相方・太田光宅のトイレを借りることができたが、トイレに駆け込むも間に合わず、便座のフタにしてしまったそう。

 あの文豪・夏目漱石も学生時代に、「間に合わなかったことがある」と明かしている。弟子の内田百閒が『百鬼園夜話』にこう綴っている。

《俺が大學生の時、大學から歸つて來る途中どうにも我慢が出來なくなつてたうとうねずみ坂の途中で洋服を著たままで垂れちゃつた。さうしてねずみ坂を降りて家へ歸つたら靴の中に一杯は入つてゐたには閉口した》

 しかし、いちばん“閉口”したいのは、「もらす」男の妻だろう。主婦の山崎清子さん(仮名・52才)は、「年に1度は夫のうんこがついたパンツを洗っています」とうんざり顔だ。

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン