• TOP
  • 国内
  • 大人になって漏らした経験調査、男は29.5%で女は14%

国内

2017.04.09 16:00  女性セブン

大人になって漏らした経験調査、男は29.5%で女は14%

お漏らし経験はなぜ男性の方が多い?(イラスト/アフロ)

 新生活となり、緊張感を持つ日々を送っている人も少なくないでだろう。そんな時に心配なのが、急な腹痛だ。電車の中でトイレが我慢できなくなったり、大切な会議の前に駆け込みたくなったりすることも…。

 実は、こうした腹痛から耐えきれず「間に合わなかった」経験をした人は男性の方が多い。

「大人になってからうんこをもらしたことはありますか?」という質問(40~70代の男女各200名が対象)に、男性は29.5%が「ある」と回答。女性は14%。その理由を小林メディカルクリニック東京院長の小林暁子さんはこう分析する。

「高齢者なら肛門付近の筋力が弱り、もれることがありますが、若い人でもらすのは、便がたまりすぎていたのに仕事の都合や電車でがまんしてトイレに行けなかった場合。もらす男性が多いとすれば、仕事上トイレになかなか行けないとか、仕事のストレスで腸に負担がかかるからでしょう」

 実際、編集部でも「実はぼくも…」と打ち明ける人、複数アリ。これは男性では“あるある”だ。

 例えば、爆笑問題・田中裕二(52才)は仕事現場から自宅に帰る途中で便意に襲われた。がまんの限界がきたが、自宅まで5、6分。すぐ近くの相方・太田光宅のトイレを借りることができたが、トイレに駆け込むも間に合わず、便座のフタにしてしまったそう。

 あの文豪・夏目漱石も学生時代に、「間に合わなかったことがある」と明かしている。弟子の内田百閒が『百鬼園夜話』にこう綴っている。

《俺が大學生の時、大學から歸つて來る途中どうにも我慢が出來なくなつてたうとうねずみ坂の途中で洋服を著たままで垂れちゃつた。さうしてねずみ坂を降りて家へ歸つたら靴の中に一杯は入つてゐたには閉口した》

 しかし、いちばん“閉口”したいのは、「もらす」男の妻だろう。主婦の山崎清子さん(仮名・52才)は、「年に1度は夫のうんこがついたパンツを洗っています」とうんざり顔だ。

関連記事

トピックス