• TOP
  • ライフ
  • 織田信長 秀吉を「禿ねずみ」と呼んだ手紙が存在

ライフ

2017.05.02 16:00  週刊ポスト

織田信長 秀吉を「禿ねずみ」と呼んだ手紙が存在

信長は秀吉をなんと呼んだか?

 織田信長が豊臣秀吉を「猿」と呼んだことは有名な逸話だが、実は記録には残っていない。しかし「禿ねずみ」と呼んでいる手紙が残っている。

 秀吉の妻・おねが信長の元を訪れた際に、夫の度重なる浮気について愚痴をこぼしたようだ。訪問に対する礼状の中で、信長はおねが以前より美しくなったと褒めた後、秀吉の行ないは言語道断とし、「あの禿ねずみが、そなたのような女房を二度と見つけることはできないだろう」と、おねに思いやりの情を見せている。

 一方で、「正室らしく、嫉妬などしてはいけない」と説き、「言うべきことと言わないでおくことの心遣いは必要だ」とたしなめてもいる。締めくくりは「この手紙を藤吉郎に見せること」という気の利いた一行だ。

■取材・文/小野雅彦

※週刊ポスト2017年5月5・12日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス