ライフ

婚活中のカナ34歳 同棲までした商社マンはクーポン男だった

クーポンに左右される人生なんて(写真:アフロ)

 結婚を夢見ながらも、結婚に惑うアラサー女性。彼女たちは男性に何を求めているのか? せっせと婚活をしながらも、なぜ結婚ができないのか? 婚活女性たちの結婚の「分岐点」をレポートする。私はこれで結婚しました、あるいは、できませんでした……

* * *
◆婚活サイトに年収や学歴を載せない人はイヤだった

 メーカーに勤める都内在住のカナさん(34歳)は、有料婚活サイトで38歳の男性に出会った。ネット婚活をはじめたきっかっけは、友人が同サイトで結婚したからだという。

「35歳中にはなんとか、と思っているので、友人に聞いて、信頼性が高い有料サイトにしました。写真を載せていない人もいるようですが、私は本気なので、ちゃんと写真を載せたんですよ。以前、お見合い用にプロのカメラマンに撮ってもらった一枚を。ええ、自分でも気に入っているものです。そうしたら、登録したその日に、20通以上、メッセージが来たんです。ほっとしましたね」

 その中から気になる人、数人と、メッセージ交換をはじめる。3週間後、最初に会ったのが、38歳、商社勤務のケンジさんだった。

「彼はプロフィールをていねいに載せてたんです。写真はもちろん、年収も、大学名も、趣味も、あと、食べ物の好みとか、家族構成とか。やっぱり文章から人柄って伝ってきますよね、信頼できそうな人だなと感じて。私は堅実なサラリーマンを求めていたので、条件も言うことなかったんです。しいていえば、顔はあまり好みではなかったけど……、まあ、顔で選んでる余裕はありませんし(笑)。

 ネット婚活の場合、彼女や遊び相手がほしいだけの人ならともかく、真面目に婚活してるなら、できるだけ情報を載せるべきだと思います。年収や学歴を載せない人って、いくら稼いでいるのかとか、どこの大学なのか以前に、オープンじゃないこと自体が、イヤなんですよ」

 ケンジさんは実際、潔く、気さくな人だった。映画という共通の趣味もある上、頼りがいもあった。週末、食事に行く際は、いつも彼が店を予約しておいてくれた。たいがい、高すぎることも、だからといってチェーン居酒屋などではない、食べログでいえば3.5点評価くらいの、ちょうどいいお店を。そんな手堅さも、結婚相手としては心強かった。

 出会って2カ月がたった頃、付き合おうと告白された。もちろん、結婚を前提に。

「え、こんなにトントン拍子に行くの?! と、あっけなく思ったくらい。でも、結婚って、うまくいくときは、人類すべてが自分を祝福してるんだと感じるほどうまくいく、って言うじゃないですか。ああ、やっと、私の番が回ってきたんだなぁと、幸せを噛みしめました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン