• TOP
  • ライフ
  • 日本国憲法誕生、そのすぐそばにいた二人の女の物語

ライフ

2017.05.03 16:00  NEWSポストセブン

日本国憲法誕生、そのすぐそばにいた二人の女の物語

 ベアテ・シロタ・ゴードンがGHQ案作りに関わったことは、1970年代まで伏せられていた。22歳で法学の専門知識もない人物がそのような「大役」の一部を担っていたとわかると、日本人からの反発が出ることを恐れたのである。その批判は今もある。だが彼女が下書きを書いたなかで唯一生き残った条文の精神は、今は日本国憲法24条として残っている。

《24条 婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない》

 この条文によって、娘が父親の道具のように顔も知らない相手の元に結婚相手として送られるような野蛮な習慣はなくなったのである。ベアテは2012年、死去、享年89歳。

 鳥尾鶴代はケーディス大佐と別れたあと、銀座でクラブ「バー鳥尾夫人」を開き、「マダム鳥尾」と呼ばれた。その客の中には、安倍晋三首相の父親・安倍晋太郎氏もいたという。マダム鳥尾は1991年、79歳で亡くなった。ケーディス大佐のあとも自民党の大物代議士と不倫の恋に身を焦がすなど、終始、愛に生きた人生だった。

関連記事

トピックス