• TOP
  • 国際情報
  • シークレットシューズ愛用「韓国のビル・ゲイツ」安哲秀候補

国際情報

2017.05.04 07:00  SAPIO

シークレットシューズ愛用「韓国のビル・ゲイツ」安哲秀候補

韓国陸軍部隊を視察した安哲秀氏 YONHAP NEWS/AFLO

 誰もが韓国大統領選の独走を疑わなかった左派系最大野党「共に民主党」前代表・文在寅候補(64)の尻に火をつけたのが、中道左派の「国民の党」元代表・安哲秀候補(55)。安氏の進撃がはじまったのは選挙戦突入直前の4月上旬。当初は支持率10%に満たなかった同氏の支持率が急上昇し、一部世論調査で単独トップに躍り出た。

「大統領選で負けるほうが難しい」と言われた文氏を追い詰めた安氏は何者なのか?

 1962年、釜山生まれの安氏はソウル大学医学部を卒業後、研究医として病院勤務を経たのち、セキュリティ・ソフトのベンチャー企業を立ち上げた。ここで開発したソフトが大当たりし、当時、弱冠33歳だった青年実業家は「韓国のビル・ゲイツ」と呼ばれる時代の寵児になる。

 その後、米国留学を経て帰国した安氏は、2011年のソウル市長補欠選、翌2012年の韓国大統領選に無所属で名乗りを上げ「安哲秀旋風」を巻き起こしたが、いずれも最終的に出馬を断念。大統領選では朴槿恵氏の有力な対抗馬として注目を浴びたものの、野党候補・文在寅氏の支持に回った。

 さらにその翌2013年、国会議員再補欠選に当選すると、「新政治連合」を結成。文氏の「共に民主党」と合流し行動を共にしたが、最終的に袂を分かった。両者には少なからぬ因縁があるのだ。

関連記事

トピックス