国内

阿川佐和子の63歳結婚、とにかく多種多様な意見が噴出

賛否の声が収まらない阿川氏の結婚報告

「けじめをつけられるってのはいいことだよね。ものすごくしっかりしたかただから。嬉しいですよ」と、芸能界のドン、和田アキ子(67才)が祝言を述べれば、梅沢富美男(66才)も、「立派だなぁ、あのババアもなかなか大したもんだよ(笑い)。一途で、かわいらしい女性だねぇ」と、相好を崩す。

 5月18日、阿川佐和子さん(63才)が『週刊文春』誌上(同日発売号)で結婚を発表すると、芸能界から祝福の声が相次いだ。

 気になるお相手は、元大学教授のS氏(69才)。ふたりの出会いは30年以上前にさかのぼる。当時、S氏には妻と4人の子供がいた。

《初めて二人で会ったのは、それからしばらくのちのこと。(中略)奥様がいらっしゃる身。あまり二人で出歩くのもよろしくないだろうと思い、その日の夜の別れ際に、「もう二人で会わないほうがいいと思います」とはっきり告げました》

 阿川さんは同誌の手記でそうつづり、一度は関係に一線を引いたことを明かした。その後、阿川さんがアメリカ留学から帰国して久しぶりにS氏に会ったところ、「奥さんと別居することになった」と打ち明けられ、次第に距離が縮まっていったという。

 3年前にS氏が前妻と離婚すると、「結婚するの?」と周囲が大合唱。いつの間にか外堀が埋まっていき、友人の脚本家、中園ミホさん(57才)の助言もあって、このタイミングで入籍を決断したのだという。

 かとうかず子(59才)が「まだ結婚できるんだ、って勇気をもらった」と称賛したように、“非婚女性の星”から一転、“晩婚化社会の希望”となった阿川さんだが、市井の声は意外にも(?)割れている。

「この年齢で寄り添っていくことを選ぶなんて、素敵な結婚だと思います」(50代女性)、「ただただうらやましい! 私も希望が持てた」(40代女性)。かような祝福の声が聞こえる一方、

「結局は略奪婚で、何年も愛し合った末の結婚というように、美談にされるのには違和感がある」(30代女性)
「このタイミングで入籍したことに打算を感じる」(30才女性)

 と、手厳しい意見も。世間の声は、胸キュンとモヤモヤが交じり合って深い。

◆「老いと介護」に直面した現実的選択

「体の変化に直面すると、人は変わります。体力の衰えや更年期障害などを実感し、パートナーとの関係を見つめ直したのでは」

 そう話すのは恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さん(57才)。三松さんによると、婚活するシニア女性の大半は、相手に経済力を求めているという。だが、テレビ出演や執筆活動で多忙な阿川さんに収入面の心配はない。

関連記事

トピックス

工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン