芸能

写真家・藤代冥砂氏 真木よう子、石原さとみとの思い出

写真家の藤代冥砂氏が被写体の思い出を語る

 2000年に彗星のごとく現われ、グラビア界を席捲した藤代冥砂氏(49)。当時、光の使い方や露出の計り方を知らなかった異色のグラビアカメラマンは、なぜ女優たちのリアルを写し出せたのか。ハタチの広末涼子、井川遥、佐藤江梨子、池脇千鶴など印象深い女優たちとともに、真木よう子も藤代に強烈なインパクトを残した。

「スレンダーなのに胸がバーンとして、スゴかった。それもさることながら、中身はべらんめえ調で、すごくかわいらしい人でした。沖縄の海辺で撮影しているとき、『そこに座って』といったら、地面が濡れていたので嫌そうな顔をして睨んできた。それがかわいい! と思ってね。キッと睨みながらも座ってくれて。この子とつきあったら、こういう視線をたくさん浴びられるんだろうなと想像しました。本当の感情がポッと出る真木さんは好きですね」

 デビューしたての石原さとみを連作で撮っているときは、彼女の透き通った印象から四万十川を連想し、高知出身の子(実際は東京出身)だと自分の頭のなかで勝手なキャラクターづけをした。「最近、田舎には帰っているの?」とか、その設定で話しかけていたという。

 20年近く撮り続けて、女性は変化してきましたか? との問いには少し考えた。

「ファッションは女性の内面に影響力がある。ノーメイクや薄いメイクが流行ると女性は内面を磨き始める。反対に、塗ったりつけたりをどんどんしていくムーヴメントならば、中身は脇において、表層的にパッケージしようとする内面が生まれる。そういう、メイクやファッションの流行につられる変化はあるけれど、基本的に女性はワルというのは変わらない(笑い)。

 彼女たちは、演技のプロだから、度胸がいいだけじゃなくて、僕ら男を見透かして、値踏みします。だからウソをつくんだけれど、彼女たちの世界では、ウソもリアルなんです。だから、ウソを見破って勝ち誇るのではなくて、『一番いいウソ、いただきました』と、的確にシャッターを押すのが、僕の仕事だと思うようになりました」

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン