• TOP
  • 国際情報
  • 江沢民氏が大学訪問で健在アピールも不自然さ指摘の声

国際情報

2017.06.10 07:00  NEWSポストセブン

江沢民氏が大学訪問で健在アピールも不自然さ指摘の声

重病説も伝えられた江沢民氏の体調は?

 中国の江沢民元国家主席(90)が5月下旬、上海市の上海科学技術大学を訪れた際に撮影したとされる写真がインターネット上で出回っているが、江氏の服装が厚着なほか、新緑の季節にしては写真に緑豊かな木々が写っていないなど、写真には不自然なところが多いことが分かった。

 このところ、江氏の重病説が伝えられており、それを否定するかのように、江氏の健在をアピールする動静情報がネット上で出ている。今回のような江氏とみられる写真が伝えられるのは2015年9月以来初めてだが、米政府系報道機関「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」は「写真が加工されている疑いがある」と伝えている。

 江氏については、香港誌「争鳴」5月号が「江氏は4月17日夜、上海市の自宅で、脳卒中で倒れ、市内の病院に運ばれた」と伝えている。報道によると、江氏は下半身不随で寝たきり状態になっているという。

 その後、この報道を否定するかのように、江氏は5月10日、上海市実験学校の創設30周年を記念して、自ら同校の校長に祝賀の電話をかけていたとの情報がインターネット上で流れた。

 また、5月9日に死亡した銭其シン元副首相の葬儀が18日、北京市内で行われたが、その際、江氏が葬儀用の花輪を贈ったことが伝えられており、少なくとも江氏は存命であることは確かだ。

 さらに、今回の上海科技大訪問の情報だ。同大は江氏の長男、江綿恒氏が学長を務めており、江氏ばかりでなく、江氏の妻も同行したという。

関連記事

トピックス