• TOP
  • 国内
  • 鈴木宗男氏断言、ロシア人への手土産として鉄板の食べ物は?

国内

2017.06.16 11:00  週刊ポスト

鈴木宗男氏断言、ロシア人への手土産として鉄板の食べ物は?

ロシア人への手土産は何がいい?(鈴木宗男氏)

 初対面の挨拶、無理なお願い、失敗の謝罪やお世話になったお礼──ビジネスやプライベートの大切なシーンにおいて、時に「モノは言葉より雄弁」。まして政治家ともなれば、手土産ひとつにも細心の注意を払っている。新党大地代表・鈴木宗男氏が手土産について語る。

 * * *
 基本的に私は出身地の北海道に誇りを持ち、北海道産にこだわります。1991年に外務政務次官になってから外国へ行く回数が増えて、そこから昆布を贈るようになりました。

 ほたての貝柱も贈っていましたが、当時はまだ乾燥させた固い貝柱だったんです。それでも高級品でしたが、いまはボイルして燻製した、ふっくらやわらかい肉厚のおいしい貝柱があるんですよ。網走で作っていてね、それが大好評。食べたらみなさん、きっと驚きですよ。

 最近は十勝ワインや、北海道は芋の産地なのでスナックの『じゃがポックル』とか。あれは軽くて、持っていくのにいいんですよ。北海道のクッキー、チョコもまた世界に通用するものです。

 4月の訪問では、ロシアの要人に(日本酒の)『東洋美人』だけでなく、夕張メロンのゼリーも持っていきました。夕張メロンも、初競りで2玉150万円をつける高級品。日本のメロンは海外でも評価が高く、歓迎されます。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス