国内

豊田真由子議員の同級生が告白「本当の姿知ってほしい」

未だ入院中という豊田真由子議員

 これまで清楚なスタイルに身を包み、やさしい声色で理路整然と政策を語ってきた豊田真由子衆議院議員(42才)の裏の顔──。

 事の発端は、運転中の政策秘書への絶叫暴力だった。証拠となった音声データには、「このハゲーーーッ!」「違うだろおーーーっ!」といった罵声が、暴行音とともに録音されていた。そこには、「そんなつもりはないんですぅ~~♪」といったミュージカル調のイビリのほか、「あるんでちゅかぁ」など赤ちゃん言葉によるパワハラもあり、ついつい誰かに語らずにはいられない展開となっている。

 豊田議員の華麗なるキャリアもあいまって、騒動はさらに拡大中だ。中高は女子御三家の一角を占める桜蔭を卒業し、東大法学部を経て厚生労働省の官僚に。名門ハーバード大学への留学経験もある。

 その後、2012年に自民党の公認を経て衆院選に出馬して当選。国交省で働く夫との間に2人の子供をもうけている──と、凡人には想像もつかない絵に描いたようなスーパーエリート街道を突き進んできた豊田議員だが、今回の騒動で自民党を離党。7月3日現在、心身症により入院中とのことだ。

 ちなみに夫とは別居中だが、原因は口の悪さとのウワサ…。小学生2人の子供は、豊田議員の母親が実家で面倒を見ているという。

◆豊田劇場を彩るエリート親友

 こんな折、豊田議員の親友と名乗りをあげたひとりの女性が注目を集めている。桜蔭・東大で豊田議員と同級生だった、田中絵里緒さんだ。2度の離婚を経た彼女は、6人の子供を育てるシングルマザーとして、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)などに出演したことがあるものの、当然、政治家でもなければタレントでもない、ごくフツーの一般女性だ。

 そんな彼女が、今“時の人”となっているのは、親友が火だるまになっているなか、自身のフェイスブックに「豊田真由子さんと私の関わり」という記事を投稿したからだ。

《男の子と集団で会うとか、合コンの人数を集めるというときに、豊田さんは、自分が負けるほどメッチャ可愛い女の子が来て、自分が添え物にされる展開を恐れ、嫌がっていました。「あの子は可愛いから私負けちゃう…。」ということをいつも気にして口にしてました》

《よく覚えているのは、豊田さんがうちの高校の文化祭の時に話していた男の子のことを、私が気に入って、紹介してほしい、と話した時のことでした。「ああ、あれでいいなら、あげるよ」。その男の子は、豊田さんのお目当ての彼氏ではなく、たくさんいる男の友達の一人だったのです》

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン