「ボイスレコーダーの彼女の声だけが一人歩きして、全人格を否定するような動きが広がっているので、彼女は元気でかわいい普通の人で、悪い人じゃないということを言いたかっただけなんです。『こんなに叩かれて、もう生きていられないわ』と飛び降りてしまうようなことをいちばん心配しています。これからも長い人生を、なんとか立ち直り、気を取り直して生きてほしい。そのためになるなら、こうやって書くことは私にとって当然の行動でした」

 とはいえ誰にだって隠したいばかばかしい過去はある。逆ナンなど青くさい思い出の一ページは、できるなら塩漬けにしたまま二度と引っ張り出したくはないのではないか。しかし、これこそ、級友ならではの“忖度”だった。

「ありのままを書いて知ってもらえれば、怖い面にばかり焦点が当たらなくなると思うんです。自画自賛は豊田さんの公式ホームページにたくさん書いてあったので、人気者になるには自虐ネタも少しあった方がいいと思います。家のことはあまり言わない人でしたが、ポロッと漏らしたことがありますね。お父さんが高圧的で暴力的な人で、自分もそういう彼氏を選ぶ傾向があることを嫌がっていました」

 現在田中さんは、弁当店で働きながら子育てに奮闘しているが、自身の仕事と豊田議員の仕事を重ねながらこう続けた。

「ミスのない仕事はありえません。お弁当屋さんでも時々大量注文の予約と同時に店頭注文が入ると、ミスが出ますから。豊田さんもそれはわかっているはず。でもいつの間にかそれを叱責する側に回ってしまった。企業でのパワハラもみんなそうですよね。完全に負のスパイラルで、不毛だなと思います。中高時代の豊田さんは、些細なミスを責めるような人ではなかったですから」

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン