芸能

松居一代 船越所属事務所から「億単位の賠償請求」の可能性

松居一代を刑事告訴することも可能

 7月21日、57才の誕生日を船越英一郎はロケ地の京都でひっそりと迎えた。

「船越さんは穏やかな様子で、いつも通り周囲に気を使っていました。その日に松居一代さんから何か連絡があるのではないかと周囲は冷や冷やしてましたが、結局何もなかったようで…」(番組スタッフ)

 ふたりがお互いの誕生日を別々に過ごすのは、結婚後はじめてのことだ。

「松居さんの60才の誕生日は1か月前。騒動の渦中でしたが、還暦にちなんで、超高級車の赤いベントレーを購入したという話です。資産は30億円超といいますから余裕でしょう。もし船越さんから訴訟を起こされても、おカネで解決できる自信もあるんじゃないですか」(松居の知人)

 松居は21日もブログを更新。《私の、パートナーはシンガポール、ナンバーワン いや、いやいまや、アジアNo.1の法律事務所ラジャータン法律事務所のNo.1女性弁護士ですよ 奴の弁護士なんぞたかがしれてますよ(笑)》と意気軒昂だが、実際、事態はそう簡単ではないという。九段下総合法律事務所の伊倉秀知弁護士が指摘する。

「“夫が不倫している”と公表したことは、仮に事実であったとしても松居さんを名誉棄損で訴えることができます。請求額は船越さんの気持ち次第でしょうが、芸能人であることから、数千万円、あるいは億単位になる可能性も十分にあります。不倫の証拠がなかったり、嘘だったりする場合は、裁判で勝つことは難しいでしょう。かつらやバイアグラの使用を公表したことは船越さんのプライバシー権を侵害していますし、パスポートを取りあげられるなど仕事に支障が出た場合は、業務妨害として実損額を請求できます」

 さらに、船越がその気なら、松居が逮捕される「刑事告訴」も可能だという。

「警察が名誉棄損罪の刑事告訴を受理すれば、事情聴取や逮捕もありえます。初犯なので起訴猶予の可能性もありますが、示談や反省がなければ起訴されて罰金刑などになることもありえます。松居さんは英文で世界中に情報を拡散し、週刊誌に船越さんを貶める記事を売り込んでいる点で、より強く名誉棄損しようとしたとして、違法性が高いと判断されやすい。また、別居中に勝手に船越さんの家に入ったのであれば、住居侵入罪にも問われる可能性があります」(伊倉弁護士)

 船越からすれば、訴訟は強烈な反撃の一手になる。それでも訴えないのはなぜか。

「所属事務所は訴訟準備中のようですが、船越さん自身は訴えていない。それは息子さんへの配慮でしょう。誰よりも大切な息子の母親を“犯罪者”にだけはしてはいけないという、その一点だけだと思います」(船越家の知人)

 松居は23日に投稿した動画で息子に言及。〈戦っていく母の姿を見せ続けていく〉と騒動にあえて巻き込んだ。この〈戦い〉で彼女が得るものは何もない。

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン