• TOP
  • ライフ
  • 食材の冷凍保存の常識、寄生虫は死ぬが菌は死なない

ライフ

2017.08.20 07:00  女性セブン

食材の冷凍保存の常識、寄生虫は死ぬが菌は死なない

「どちらも食感が損なわれてしまい、冷凍には不向きな食材。料理の彩りに使うなら、パセリがおすすめです。凍ったあと袋の上からもむだけで、簡単に粉々に砕け、みじん切りができます。色も変わらないので、様々な料理の彩りとして便利です」

 また、貝類はどう冷凍するの?

「貝類は砂抜きしたあと、かぶるぐらいの水を入れて凍らせれば、氷の壁ができて酸化を防ぎ、なおかつ旨みが閉じ込められます。氷ごと鍋に入れて加熱すれば、貝が開き、だしも出ます」

 冷凍するとありがち。霜がついていてもそのまま使ってOK?

「霜がついてしまったら、払い落としてから解凍し、早めに食べきりましょう。冷凍庫の扉の開け閉めが多いと庫内の温度が上がり、凍った食材から水分が出て霜がつきやすいので、なるべく開け閉めを少なくしましょう。また、食材はラップでしっかり包むこと」

 最後に、みなさんの冷蔵庫もこんなふうになっているかも…。冷凍室の効率的な詰め方はギュウギュウがいい?

「詰めすぎると取り出しにくくなるので、7割ぐらいに抑えて。ある程度、詰まっているほうが冷凍食材の冷気が庫内やお互いを冷やし合います。ただし、パンパンに詰まっていると、出し入れに時間がかかり、庫内の温度を上げるので、適度なスペースがあるのがベスト。7割程度にとどめておきましょう」

※女性セブン2017年8月24・31日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス