• TOP
  • 芸能
  • 兵役から帰還した東方神起、2年間心は繋がっていた

芸能

2017.09.01 16:00  女性セブン

兵役から帰還した東方神起、2年間心は繋がっていた

日本でのツーショットは約800日ぶりだった東方神起

 札幌、福岡、大阪、名古屋。大都市の主要ホテルが瞬く間に満室になっていく──。8月21日午後7時、東方神起が記者会見で5大ドームツアー(11月11日~2018年1月14日)を発表した直後、争奪戦必至のチケット販売よりも先に、各開催都市のホテル予約にファンが殺到した。

「何がなんでも行く」。そんな強い意志の表れだった。なにしろ800日の間、ファンは待ち続けていたのだから。「お帰りなさい」と2人に伝えるその日を…。

 同月18日、東方神起のチャンミン(29才)が、兵役に代わる「義務警察」での1年9か月の服務を終えて除隊した。ソウル地方警察庁前には前夜から1000人のファンが集結。朝9時にチャンミンが同庁から出てくると、大歓声が沸き上がった。

 日本から現地に駆けつけた女性ファン(36才)は、笑顔で手を振るチャンミンを見て、涙が止まらなかったという。

「精悍な顔立ちになっていましたが、どこかあどけなさも残っていて…。あぁ、やっぱりチャンミンだって。お疲れ様っていう気持ちと共に、これから新たな伝説がスタートするのかと思うと、興奮と感動が抑えられなかった」

 今年4月、一足早く兵役生活を終えたユンホ(31才)は、7月にソウルで行われたSMTOWN(所属事務所『SMエンターテインメント』のアーティストが一堂に集うライブイベント)にソロで登場。

 相変わらずのキレキレのダンスと歌唱を披露しつつ、MCでは「久々のライブで緊張しています。チャンミンから連絡があって、“ヒョン(兄さん)だけが出せる感じを全部見せて”と言われました」と、相棒の名前を連呼。ファンの期待は嫌が応にも最高潮に達していた。

 8月21日、ついに公の場へと姿を現した2人。午前中にソウル市内で復帰会見に臨んだユンホとチャンミンは、その足で日本へ。冒頭の通り、都内で会見を開き、新アルバムの発売と5大ドームツアーを電撃発表した。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス