国内

冷凍食品は手抜きではなく“手間抜き” 後ろめたさは不要

ずぼらでもいいから手作り弁当を(写真/アフロ)

 神奈川県大磯町の学校給食が「まずい」「衛生的に問題がある」など話題になる中、にわかに子どもたちの“食育”や日々の食事でどんなものを摂らせるかに注目が集まっている。

 しかし、料理が得意でなかったり、仕事や家事、介護などに追われてお弁当に手間暇なんてかけられない、という母親がいるのも確か。

 そんな人たちにとって大事なことは、不格好でも何でもいいので、まずやってみることである。「ちゃんとしたお弁当を作らなくてはいけない」という先入観を捨てると、随分と気が楽になる。

『もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓』の著書がある稲垣えみ子さんは、こんなアドバイスをする。

「SNSなどで見事なお弁当が披露される現代は、栄養バランスも見栄えもいいお弁当を作らなきゃとプレッシャーを感じやすい世の中です。彩りがよくてかわいくて栄養もあって…とあまりにも大変な理想のお弁当像を自分の中で作り上げてしまっている人が多いのではないでしょうか」

 稲垣さんは「食の断捨離」と呼んで、1日3食とも「メシ・汁・漬物」というワンパターンな食生活を実践している。そんな食事はみすぼらしいと思っていたのが、やってみればそれで充分おいしいし、飽きることもないと言う。

「普通の人が普通に生きていく食卓って本当はシンプルなもの。一汁一菜は恥でも手抜きでもない。お弁当もそういうスタンスで作れたら、みんなももっと楽に生きられる気がします」(稲垣さん)

 そんな稲垣さんの「思い出のお弁当」は残り物のおかず。

「母のお弁当は、前日の夕食の残り物を詰めたものだったけれど、充分おいしかったし、当時はみんなそんな感じでしたよ。恥ずかしいなんて思いませんでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン