• TOP
  • 芸能
  • 25歳男性モデルを襲ったセクハラ被害 その卑劣な手口とは

芸能

2017.10.24 16:00  NEWSポストセブン

25歳男性モデルを襲ったセクハラ被害 その卑劣な手口とは

多くの観客に注目されてランウェイを歩けると思ったら…

 米アカデミー賞作品をいくつも手がけた大物プロデューサーによるセクハラ事件は、まだ終わりを見せそうにない。これまでは、絶大な影響力を持つ彼への配慮からもみ消されてきたという。セクハラする側が権力を持っていたり、被害を受けているはずの告発者が非難されることもあるため、こういった事件は表沙汰になることが少ない。被害者が男性であれば、さらに難しい。もちろん日本でも事件は起きているが、なかなか表面化しない。ライターの森鷹久氏が、ある日本人男性モデルが遭遇したセクハラ事件についてレポートする。

 * * *
「夢だけでなく、人格も踏みにじられた。二度と顔も見たくない」

 ファッションモデルの翔太さん(仮名・25歳)が怒りに肩を震わせるのは、自らも出演者としてランウェイを歩いた、一昨年に開かれたとあるファッションショーで受けた”被害”についてである。このショーに出たことで、金銭的にも、そして自身の体、精神まで汚されたと訴えるのだから、穏やかではない。

「最初はSNSで、ショーの関係者を名乗る人から直接メッセージが来たんです。怪しいとは思いましたが、某芸能人も参加し、有名な企業も協賛するショーだと知り、オーディションに参加しました」

 すでに何度か開催されていたそのショーだが、かつて見たことがあるという人物によれば、都内の中規模のホールを丸一日貸し切って行なっていたという。ただ、事前にホームページなどでイメージ告知されているような派手な装飾はなく、司会進行もグダグダ。何よりも、パラパラと数えられるくらいの観客数に対し、ステージ上に上がる”モデル”の多さに唖然としたという。観客より多いモデル…この謎も、後に翔太さんは知ることになるのだが…。

 オーディションでは、ウォーキングなどを見られるのかと思いきや、ショーの最高責任者と少し会話をし、下着姿になってボディラインのチェックを終えただけで”オーディション”は終了。その場で合格が言い渡されてあっけにとられたのは翔太さんだった。

「あれ? と思いましたが、君には素質があるとべた褒めされて、有頂天になりました。ただ、後から知らされたのは、一枚数千円もするチケット販売のノルマを課せられたこと。基本的にギャラは出ず、ノルマ達成分以降の売り上げの一部が”ギャラ”になるということでした。変だと思ったけど、合格した以上後には引けなくて」

 翔太さん以外にも合格者がいたが、一人一人聞いて回ると、それぞれが条件付きの「合格」だった。例えばあるモデルは「数万円のウォーキングレッスン代」をショー主催者に支払うことが前提だったり、別のモデルに至ってはショー当日の「数千円のヘアメイク代」を要求されている、といったことだ。彼らに課せられた「チケット販売」のノルマは、翔太さんに課せられた枚数よりも1.5~2倍と多めに設定されていることも不自然だったが、他のモデルよりも優遇されていると感じた翔太さんは喜んだ。

 だが、思った以上にチケットは売れず、親族や友人にお願いをして買ってもらっても、ノルマの半分以上が手元に残った。そんな時、連絡をくれたのはショーの関係者だった。

「ノルマに困っているんじゃないか? と心配してくれている人からの電話でした。いわく”大量にチケットを買ってくれる人がいる”とのことで会ってみると、会社経営者の中年男性・X氏。最初は関係者と三人で食事をして、そのX氏と二人で飲み直しました。ベロベロに酔っぱらったところで、X氏はキスをしてきた。そして、体の関係を持たないとチケットを買わない、と言われてしまって……」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス