• TOP
  • 国内
  • 希望の党、小池百合子代表 戦い終えて「みじめな微笑み」

国内

2017.10.25 16:00  NEWSポストセブン

希望の党、小池百合子代表 戦い終えて「みじめな微笑み」

希望の党はこの先どうなる?

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、衆院選を終えての小池氏の心中を読む。

 * * *
 今回の衆院選について敗戦の弁を述べた希望の党の小池百合子代表は、訪問先のパリにいた。選挙の台風の目と言われながら、自身の「排除」発言で失速した希望の党。記者会見に臨んだ小池氏の姿は印象的だった。

 会見会場はパリのホテル。間接照明のせいか映像が暗い。そのせいか、それとも選挙戦疲れか長旅のせいか、小池代表の顔色は冴えない。顔色だけ見ていても、敗戦感が色濃く出ている。前を向いてと記者に言われながらも、視線はあまり上がらない。

 服装はラメの入った黒のスーツに黒のインナー。首にはゴールドのネックレス。自身と党のシンボルカラーの緑はどこにもない。多少なりとも手応えがあったなら、誇らしげに緑のスカーフを巻いたのではと思う。それにしても、パリに緑のスカーフは持参して行かなかったのだろうか? もしそうだとしたら敗戦を覚悟していたのだろう。

 それとも、希望の党の国政を担うのは自分ではなく、当選した議員たち。自分は代表でも一歩後に下がると、自身のカラーを弱めようとしたのだろうか。黒ずくめの服装を見て、そんな推測をしてみたものの、党の運営について聞かれた際は、「当選した人たちと相談しながら」と首を横に振った小池代表。やはり一歩下がるつもりはないらしい。

 記者に「希望の党は一枚看板」と言われた時は、あごを上にクイッと上げて上を向き、背筋を一瞬伸ばすと背もたれにもたれかかるような動作を見せた。これは自分が優位な立場にあるということを示す無意識の仕草だ。やはり自分が党のトップという意識は強いのだ。

 とはいえ希望の党の予測を聞かれた際は、大きく息を吸った小池代表。厳しい結果が予想されると身体を前後に揺らした。思った以上に結果が悪いのだろう。「雨の中、希望の党への票に感謝」と票を投じてくれた有権者に感謝しながらも、その声は力なく小さくトーンは低い。やはり期待外れで失望感が強いことが、声のトーンからもわかる。

「国民から批判の対象になった」と失速について話し始めると、視線を落としうつむいた。思いとは裏腹の結果になったことへのマイナス感情が心の中で動いたのだろう。都政と国政の二足のわらじへの批判について問われると、その批判には少なからず不満を持っていたようで、身体を揺らした。さらに「悪いとは思っていない」と質問した記者へ目線を向けると、念を押すように見据えたのだ。それまで弱かった視線が強くなり、じっと見据えたことから、その手の批判への反感や不満は、小池氏の中では相当強いと思われる。

 さらに、同じ場所で行われた各局の分刻みのインタビューを見てみると…。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス