• TOP
  • グラビア
  • 古瀬絵理が語る「手ブラの撮影でニップレスはするのか」

グラビア

2017.11.19 16:00  週刊ポスト

古瀬絵理が語る「手ブラの撮影でニップレスはするのか」

スイカップを手ブラで隠す古瀬絵理(『陽だまり』(講談社)より)

 グラビアですっかりおなじみとなった、手で胸を隠す「手ブラ」。豊かな胸を隠す気持ちはいかがなものなのか? 「スイカップ」の愛称でセクシーなグラビアを披露してきた古瀬絵理が「手ブラ」について語る。

 * * *
 初の手ブラは、ファースト写真集を撮った32歳の時(2011年)でした。当時はマスコミに追いかけ回されたトラウマから、撮影中も守りの姿勢が抜け切れませんでした。そんな葛藤を抱えながらも、その場の流れで手ブラをすることが決まりました。

 ただ、やってみると水着になるよりも気が楽でした。水着で隠すのは他人任せな気がして心許ない。手ブラは露出してはいけない場所を自分のさじ加減で隠せるから、気持ちの余裕がありました。撮影では基本的にはニップレスはつけないですね。

 今年発売の写真集(『陽だまり』)で、6年ぶりに手ブラをしました。胸の大きさはHカップのままなのですが、触ってみると柔らかくなっていました。結婚して家族を持ったせいか、ゆとりが出て心が開けているのかもしれませんね。今後手ブラのオファーがあったら?

 富永一朗さんの描く(乳房が垂れ下がった)女性みたいにならなければやってみてもいいかもしれませんね(笑い)。

取材・文■岡野誠

※週刊ポスト2017年11月24日号

関連記事

トピックス