ライフ

最新ライフ記事のRSS

人呼んで「七条楽園」にある京都らしくない広い間口の角打ち

2017.11.28 16:00

 今回の角打ちの舞台は、錦繍で彩られた秋の京都。    七条通(しちじょうどおり)を西へ向い、北へ上

 今回の角打ちの舞台は、錦繍で彩られた秋の京都。
 
 七条通(しちじょうどおり)を西へ向い、北へ上がればやがて北野天満宮へと通じる御前(おんまえ)通と交差する。その西南角にあるのが『橋本酒店』だ。
 
 あたりには、京都市中央卸売市場第一市場が近いこともあり、鮨屋、ラーメン店、食堂など、安くておいしい飲食店が点在している。そのため、人々は愛をこめて「七条楽園」と呼ぶ。
 
 この店も、もちろんその楽園仲間に数えられている。
 
「“間口が狭く、奥行きが深い”というのが京都の町家のイメージでしょ?ここは、間口がものすごく広くて、らしくない。誰でもどうぞって感じですごく入りやすいんだ」(60代、惣菜店店主)
 
「ご主人夫婦(橋本勝彦さん・73歳と淑子さん)がね、私たち客の後を追いかけるように掃除してるのかと思えるほど、きれい好きなんですよ。それに、やさしくて話上手。だから、いつも気持ちよく飲める。それがうれしいんです」(60代、西陣織販売商)

「京都で一番安く飲める店だよと仲間からの口コミがありましてね。来てみたら正解ですよ。それにプラスして、楽しい客ばかりで。普通なら自分と絶対に縁がないような業種や年齢の人たちと、いつも楽しく飲んで、語ってます」(40代、会社員)

 と、常連客がそれぞれにこの“楽園の店”の一番の魅力を挙げてくれた。

本文を読む


マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP