• TOP
  • 国内
  • 「外国では…」 とにかく気持ちいい“出羽守説法”の万能感

国内

2017.12.04 07:00  週刊ポスト

「外国では…」 とにかく気持ちいい“出羽守説法”の万能感

 その一方、酒類を購入できる時間は11時から14時と17時から24時に限られており、それ以外の時間、コンビニ等では冷蔵庫に鍵がかけられる。飲酒による犯罪が多い我が国でもこうした規制が必要なのではないか。

 あ~、終わり。この「○○では~」形式の文章を書いて気付いたのだが、書いている間、気持ちよくて仕方がないのである。自分だけが知っている(と思い込んでいる)何かをひけらかし、他人を愚民扱いし、「情弱(情報弱者)」と認定するかのようなこのマウンティング感というものは実に万能感をもたらしてくれる。癖になりそうだ。

 タイの例は大袈裟にその風習を美化して書いてみたが、「とにかく仏独蘭加豪星北欧は素晴らしい。日本はダメ」という頭になってしまうと、海外旅行に行ったとしても「日本はダメ」の証拠探しに没頭することとなり、本末転倒だろう。挙句の果てには冒頭の池内氏のように自分が観測した範囲でのみ「フランスでは~」とやり、もっと詳しい人から突っ込まれ恥をかくこともあるので、「出羽守説法」は諸刃の剣である。

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など

※週刊ポスト2017年12月15日号

関連記事

トピックス