• TOP
  • ライフ
  • 料理上級者向け 料理アレンジの迷わないルール

ライフ

2017.12.06 16:00  女性セブン

料理上級者向け 料理アレンジの迷わないルール

高木ゑみさん宅のリアルな夕食メニュー


「ベース料理はあくまで完成させず、味つけなど、一歩手前の状態で止めています。そうすることで、和洋中に主菜・副菜にと、アレンジしやすくなるんです。例えば、キャベツやピーマンなどを塩こしょうだけで炒めてストックしておけば、回鍋肉からスープ、肉野菜炒めなど、いろいろ使えます。根菜を塩こしょうだけで硬めに煮ておけば、具材だけ取り出して炒めたり肉料理の付け合わせにできます」

 一歩手前料理は、薄味&硬めがポイントだという。

「薄味にすればどんな味にもなり、硬めなら、その後煮ても軟らかくなりすぎず、ほどよい食感が保てるからです」

 高木さん家のリアル献立をご紹介。

【朝】朝は和洋7種の基本セットで迷わない

 高木家の朝食は、和食セット、洋食セット、おにぎりセットなど7種類の基本セットから選ぶ。例えば洋食セットなら、パン+目玉焼き+ウインナー+ブロッコリー+トマト+牛乳。こう決めれば、副菜はその時ある野菜を入れ替えるだけでよく、朝から迷わずにすむ。

【昼】お弁当は一から作らずあるものをアレンジ

 この日のお弁当のメインは、下味をつけて保存していた塩豚のソテー、常備菜、前の晩のおかずのアレンジ料理だ。

「例えば前夜がおでんなら、卵を潰してマヨネーズと和えて卵サンドの具にします」。お弁当は基本的に一から作らず、あるものをアレンジ。

【夜】皿に合う料理を考える

 週末に作りおきしたベース料理から取り出した肉をソテーして主菜にし、ゆでておいたじゃがいもをフライにして副菜に。夕飯もベース料理からアレンジしている。

「皿の大きさや柄を見て、それに合いそうなメニューを考えるというのも1つの手ですよ」

■撮影/浅野剛

※女性セブン2017年12月14日号

関連記事

トピックス